Report
 車はアクセルを踏み込めば加速します。だからより速く走ろうと思ったらアクセルをより多く踏まなければなりません。より多くの時間、より多くの量、アクセルを踏み続ければ速くなる・・・。などと信じて疑わない人には是非読んでいただきたいですね。ものには適時適量というものがあります。やりすぎればもともこもなくなる。それと同じで、アクセルを踏みすぎても、・・・遅くなるんですよ。

 ジムカーナはコースの大半を曲がる動作が占めています。直線を走っている時間なんかたかが知れています。四角い敷地を目一杯ハイスピードにしようとすればするほど直線の時間は短くなります。いわゆる外周というものを一杯に使うからです。この外周を走るとき、例えば2速の大きなUターンを考えた場合、ブレーキングで進入しブレーキング終了と同時に右足がアクセルペダルに移動しすかさず床まで全開!気持ちよくそのまま全開で立ち上がれたぜ。なーんていうのは気持ちはいいかもしれないが残念ながらタイムは遅いのですよ。まず、ブレーキング終了時点で床まで全開にできてしまうということはその直前でタイヤのポテンシャルをあまらせているからで、だから高い駆動力を与えてもタイヤが持ちこたえられちゃうからなんです。つまり進入速度が遅すぎるということなんですね。仮に適切な進入速度だとしたら、タイヤはポテンシャル一杯の仕事をしてますから強い駆動力をかけたとたんコーナーの外にズルズルと滑り出します。いわゆるアンダーステアーというやつです。それでも無視して全開にしていると、今度は立ち上がりで曲がりきれないからハンドルを切り足します。タイヤがぎゃーと鳴って舵角と進行方向にずれが出てどんどんアウトにはらんでいきます。こうなるともうめちゃくちゃでアクセル全開なだけで車の速度はどんどん落ちてきちゃいます。間違いなく撃沈ですな。1速のコーナーリングはもっとシビアです。アクセルに対する駆動力の変化が激しいのとタイヤのポテンシャルを超える駆動力を持っていますから床まで全開なんてもってのほかなんです。
 定常円を走ってみてください。4本以上のパイロンで定常円を作ってぐるぐる回ります。ゆっくりと走っているときは舵角が一定で各パイロンとの距離も常に一定のはずです。この状態からアクセルを徐々に開けていくとタイヤが鳴きだしある速度(V0)を超えた時点でパイロンから離れていきます。遠心力という力が車の重心に加わるから当然の現象ですね。この速度(V0)がその車のグリップでのコーナーリングの限界速度になります。これは誰が運転しても同じ速度であって車固有のものです。FFであればその車はV0以上速く曲がることはできません。では速度V0からちょっとアクセルを開けて一定にします。パイロンから離れてしまうのでステアリングを切り足して(これを"こじる"という)ラインを修正すると先ほどと同じ定常円を描くことができます、しかしこれはV0より遅いのです。アクセルをより多く踏んでいるのに遅いのです。不思議ですか?もっとこじればもっと遅くなるのですぐにわかると思います。
 これと同じことがコーナーリングやターンの最中にもあるのです。たとえ一瞬でも必ずあります。外周を大きく回るコーナーリングや島周りなんかは一瞬どころか非常に長い時間この状態が続きます。この時間を我慢できずにアクセルを開けすぎちゃうと先ほどの定常円の話と同じことになり失速してしまうのです。よく見かけますがクリッピングをすぎた立ち上がりでハンドルを切り足す癖のある人はほとんどがこのパターンです。そのときはタイヤも鳴いてアクセルも一杯踏んでいるので速くなった気持ちでいるのですがとんだ勘違いですね。気をつけましょう。
 そんなことは百も承知だ、という人も沢山いることでしょう。ところが速く走るためには終始このタイヤの限界ギリギリのラインを維持しなければならないことをお忘れなく。いいですか終始ですよ。これは非常に難しいです。一瞬たりともはずしちゃいけないのです。つまり外周を2速で円を描いて回っている間、一瞬たりともアクセルを床につけることができないはずです。大きなS字や外周を使った大きな8の字なんかも斜めの距離が短ければ同じです。アクセルを床まで踏んでアンダーステアーを出しながらステアリングをこじればみるみる失速ですし、仮にアンダーステアーが出なかったのならそれはその手前が遅すぎたからなんです。終始限界を維持するということはこういうことなんです。一定のコーナーリング中にアクセルをあおるようにして踏んだり戻したりを繰り返す人がいますがあれはあせる気持ちでアクセルを踏み、曲がりきれないから戻すという限界の前後を行ったりきたりさせているものです。行き過ぎた瞬間も無駄ですし足らなくても無駄ですよ。
 なるほど!今度試してみよう。ということで意識して走ってみると・・・多分今までより遅くなります。あれ?おかしいな。まだ踏みがたりないのかなと思いどんどんアクセルを開ける、結局今までと変わらないアクセルガバッのスタイルに戻る。などと進歩のないことをしてはいけませんよ。アクセルを床まで踏まない立ち上がりが遅いのではなく、アクセルを床まで踏めてしまう手前が遅いのだということに気がついてください。アクセルを開ける直前にタイヤが限界の仕事をしていますか?100%の横Gがかかっていますか?アクセル全開なんて誰でもできる簡単なことです。初めてジムカーナをやった人でも全開バリバリの人なんか沢山いますよね。

大切なのは、ハンドルをこじらない(アンダーを出さない)で
「アクセルを床まで踏めないぐらいの限界のクリッピング速度に到達させる」
ということです。

 アクセルを開けることが絶対条件ではありません。必要条件の一つに過ぎません。それよりクリッピングへの道のりのほうがはるかに険しいですよ。なんせ限界を終始維持しながらアクセルよりもシビアなブレーキを調節するのですから。まぁその話はまた後ほど。
ご意見、ご感想、ご質問はこちら。
18 「アクセルを床まで踏んだが遅かった」 2004年8月30日