2009年4月30日(木)

 仕事来ないけど更新です。
フェーズ5の待機態勢です。
ヒマなので明日はSUGOに練習に行っちゃうんだから!!

2009年4月29日(水)

 このシーズンオフも例年に変わらず沢山のお仕事頂戴いたしましてありがとうございます。この冷え冷えとした景気の中、おかげ様で4月末まで1日も休むことなくお仕事させていただきました。本当にありがたいことでございます。しかしながら、この景気の谷間もいつかわが身に訪れると覚悟しております。




未曾有の急降下!

_| ̄|○



皆様の御慈悲をお待ちしておりますm(__)m
お仕事増えるまで更新しないんだから!(泣き笑)

2009年4月28日(火)

 例年は第3戦から目が覚めるのですが、今年は金曜日から入ったこともあって第2戦で半目を開けたようです。金曜日に自分なりに納得のいく走りをしたにもかかわらずタイムがおぼつかず、ひょっとしてエンジンでも壊れたんじゃないかと真剣に疑いましたが、宿に帰ってビデオを見てどうやらやり方が悪いことに気づいたときは落胆と希望のコラボでした。就寝後に森田くんから同じ所感を留守電にもらい、それを聞いたのが朝の4時でした。
ピー♪「ビデオ見ました。中低速のコーナーがことごとく遅いです。直線は同じです」
続いて
ピー♪「6時までぜったいに電話してこないでください」
あぁ、これはきっとネタを振られてるんだなぁと思いザルソバ食いながら4時に電話してやりました。
 土曜日は一転して冷たい雨が横殴りの暴風雨となり、午前中だけで5台がクラッシュするというデンジャラスな設定に股間がキュン♪どうせ明日はドライだからとたかをくくっていたが・・・・。
 日曜日。厚い雲が覆いかぶさる名阪はまさにチェルノブイリの暗い空。風が強いので雨の心配はないと誰かが言ったが、審査委員に雨雲を呼び寄せる男がいたからか?N1、SA1、N2とドライで走るその途中。N2の後半にさしかかるとポツポツと降りだした雨粒がアスファルトを色濃く染めはじめた。そしてラストゼッケン・チャンプ飯島選手の頃はザァザァに変わりしゅ〜りょ〜。一変してウェットの戦いとなった名阪は、その後の雨も止むことなく、N1、SA1、N2クラスは1本目の暫定結果がほぼそのまま正式結果となりました。全日本での唯一の現存個体であり世界的絶滅危惧種のDC5に初優勝をもたらした工藤選手は、お歳のせいもあって表彰式で涙しておりました。おめでとうございます。
 ところがこの雨が実に気まぐれでして、ざぁーっときては小雨になって、太陽出ながらサラサラ降って、虹が出たかと思ったらまた暗くなって、そんな大波小波を何度も繰り返すものだから同じウェットでも状況が刻一刻と変わるわけです。1本目にミスコースしかけるという失態を曝した私は2本目に勝負になるのかさえスタートラインにつくまでわからない状況でして、ただ明るい情報として前のSA2クラスのリザルトががらりと変わったことから状況は好転してる?はず?とポジティブに考え鼻息荒くスタートしたのです。そして水たまりに足をすくわれオーバーラン。ノーポイントリーダーの11位となってしまいました。

 でも、土日の雨の走行は例年より早く私を冬眠から目覚めさせた感があります。
練習しよ〜っと♪

2009年4月27日(月)

 景気回復対策のおかげで名阪から中央道〜長野道経由で太田までほんとに1000円ポッキリで帰れたことが嬉しいです。

 雨の中のハイスピードコースはとても勉強になりました。
練習不足を痛感しております。
さっそくビデオみて反省します。
記事は明日にでも。

2009年4月26日(日)

 全日本第2戦名阪決勝。
相変わらずチェルノってます。
速報掲示板でもわかるとおり、雨が降ったりやんだり、太陽が出て虹が出て。
各クラスはころころ変わる気まぐれ天気に右往左往。

で、私は・・・とってはいけない11位と。

2009年4月25日(土)

 全日本第2戦名阪はチェルノブイリの暗い空。
水深50mmのヘビーウェットにクラッシュ5台のべ6台。
てことは一人で2本とも土手にいった勇者が!?

2009年4月24日(金)

 フライング更新です。
旅先での私の安否と結果速報は速報掲示板をご覧あそばせ!
久しぶりの深夜移動と首都高です。
眠くなったら脈診流の先生に教わった経絡を押してみようと思います。
ひでぶっ!

2009年4月23日(木)

 今夜、全日本第2戦名阪に向け出発です。
車もちょちと仕様変更していい感じですが、不安要素も心臓近辺に持ってましてどうなることやら。ドライバーのリハビリも安定感が不足気味。まぁやれるところまで準備して、とりあえず脈診流中国経絡針でも刺してがんばります。

今朝の肩こりはレベル6。
(*レベル0絶好調♪→レベル10死んでしまいたい)

2009年4月22日(水)

 全日本第3戦SUGOの申し込みは締切まぢか!マジかよ!?マジだよ!
今日出さないと離島の人は間に合いませんょ♪
昨日のコソ練で運転酔いしました。 _| ̄|○


 肩こり治療なのだから上半身を裸にするのはわかる。しかしなぜ靴下まで脱ぐのかが理解できない。盲目の老人は右の手首と右の足首に両手を添えて脈を診た。脈診流中国経絡針の極意なのだろうか。そして足首に針を突き立て指先でとんとんと叩いて、うわぁぁぁぁぁぁぁ刺さってるよぉぉぉぉぉぉぉぉ。実際、ビビりな私にはその光景は到底見れない。トントンと叩く感覚だけが足首に響く。もしかして、今、刺しちゃったりしてます?はい、刺してますよ〜。その一言で肛門括約筋が虚脱し危うい。ひきつった笑いが込み上げ眉間を指でつまんで必死に耐える。確かに痛みはない。ただ刺さっているという事実を脳で理解しただけである。今でもなぜ足首なのか理由はわからない。

 うつ伏せにされ、老人の優しい指先が、うなじから肩甲骨の周囲を触診する。ときおり軽く押し、こってますねぇ、ここどうですか?などと問われ、あ、そこです、気持ちいいです、などと返事を返す。この触診が実に気持ちいい。できることなら針などの道具に頼らずこのまま指だけでマッサージしていただきたいものだ。事前情報によると奥深く刺した針の頭部に、あろうことか電極を接続し電機を流すという、まるで地下組織の拷問のようなドS療法もあると聞く。スーパー銭湯の電気風呂でさえ5m以内に近づくことができないアンチエレキテルな私などそんなことされたら、あることないこと恥ずかしいことまでなんでも自白してあげくの果てに発狂して富士の樹海に捨てられるに決まっている。
「ねぇ先生、電気でビリビリとかしないですよねぇ?」
「あぁ、電気ね、うちはしませんけどやった方がいいですか?」
「いや、そんな拷問ムリですから」

 雑談しながら何本刺したかは定かではない。触診してここぞと思う経絡秘孔に針を刺し、執拗にこねくり回していたように感じる。ほとんどが蚊の刺す程度のチクリとした感覚だけだが、ときおり体の内部でピキーーーーンという引きつり感を伴った鈍痛が突然襲う。尻や腕に打つ筋肉注射の痛みに似て、思わず痛ッ!と声が漏れる。首筋から肩甲骨の周囲がかなり凝っているらしい。右の二の腕がだるくなってくる。ひきつり笑いは止まらない。

「今日はおしまいです」
起き上がると右の肩から腕にかけて張るようなだるいような。
「今日はお風呂は入っていいですか?」
「いいけどあまり強くこすると針が抜けちゃうからそっとね♪」
「えぇ〜と、どういうことかな?」
小さな画鋲みたいなものを刺したままテープで止まってるらしい。
「何ミリぐらいささってるんですかぁ?」
「全部で5箇所刺してありますから」
質問に答えてよ・・・。
「深いんですか?」
「抜けても問題ないし針だけ残ることはないですからだいじょうぶです」
そらだいじょうぶじゃなきゃ困るから。てか質問に・・・
「2mmぐらいですょ」
ちょっと安心した。
約80分の治療でお代は4000円也。次回から3000円だそうです。3日後にまたおいでと言われ治療院をあとにしたのだった。

翌朝、肩こりが嘘のように軽減。
翌々朝(本日)、肩こりナッシング・・・これ書いてちょっと凝ったぐらい。
マンセー!中国4000円!! (結局これが言いたかった)

明日また脈診流中国経絡針を刺して名阪に旅立とうと思います。

2009年4月21日(火)

 お前はもう死んでいる。
脈診流中国経絡針でお前の経絡秘孔を刺した。
12時間もすればお前の肩こりは消える。

 肩こりがなんとも酷いわけで。そんな折、お客さんから鍼の効用を伺いまして、勇気を振り絞って行ってまいりました。どうせ行くなら鍼灸専門の治療院にしようとネットで調べてみたものの、口コミ情報とか皆無で選択の動機が非常につかみづらいものです。屋号で選ぶのもどうかと思うので、結局近場から探索することにしました。めぼしいのを3軒ばかりチョイスして、プリントした地図を頼りに一巡りしてきたわけですが、どうもねぇ。流行ってるふうじゃないし、普通の民家だし、中にはおんぼろアパートの一室だったりと、どうも入りづらいわけです。入ったら最後、異次元空間に迷い込んで出てこられないような気になるのです。結局選んだのは自宅に一番近いところで、住宅地の角に建つガーデニングの花が綺麗に咲いていた普通の一軒家(民家)でした。鍼灸治療院の選択理由がガーデニングってのもどうかと思いますが、それぐらい選択動機に乏しかったとご理解ください。
 電話予約した時間に伺うと、中から白衣の大柄な老人が出てきまして愛想よく招かれました。もちろん私以外に誰もいません。自宅の一室を治療院にした清潔なところでした。きっと息子夫婦と同居のじーさんなのかもしれません。鍼はバージンなんです、と顔を赤らめて告白すると、大丈夫ですょ痛くないし血も出ないから、と言われ、思わず優しくしてね♪って。私こう見えても体内に異物を挿入するのが大の苦手でして、箸と耳掻きぐらいしか受け入れられない体と精神構造なんです。皮膚に針を刺すなんてもってのほかで、健康診断の採血ですら泣きながらひきつり笑いを浮かべる始末なのです。髪の毛よりも細いから大丈夫とか言うけど、エキマニに巻かれたグラスファイバーが手に刺さっただけであれだけ痛痒いのですから、それを5cmも体内に刺し入れるだなんて、想像しただけで悶絶して気絶失禁しそうなのです。
 待合とパーテーションで区切られた診察室には治療ベッドが二つ。デスクの上には見たことないタイプライターらしきものと電話と非常ボタン?。ラジオから流れるクラシック音楽をBGMに問診とカルテが作られまして、厚手の白紙にタイプライターみたいなものを巻き込んで5個のキーを押しながら・・・点字?

え〜っと (滝汗)

つづく

2009年4月20日(月)

 三重県に単身赴任中の旧友が車を預けに来てくれました。ジムカニアンじゃないのだけれど、ホントにありがたいことです。
しかも事前にお土産のリクエストまでいただいて。。。

「お土産は赤福でいいですかぁ?」
「活き伊勢エビがいい。1kgオーバーのでかいやつ」
「伊勢エビはちょっと・・・じゃぁ松阪牛でいいですか?」
「それなら朝日屋のサーロインステーキにして」

ということで我が家に松阪牛がやってきました。

 竹の皮を模した包装紙を紐解くと、桜色に染まった見事な霜降りがでろ〜ん。国内最高ブランドに君臨し続ける松阪牛のサーロインは、厚さ15mm、幅120mm、長さ250mmのボリュームある肉質をてらてらと輝かせていた。しかしそれ以上に輝いていたのは家族の8個の瞳だった。よし!俺が焼こう。父の声に家族の激励が飛ぶ。よろしくお願いします、と妻がつつましく言えば、さとし〜だいじょうぶかぁ?と息子が奮い立たせる。フライパンを火にかけ、添付の塩コショウを両面にまぶす。刻んだラードを熱したフライパンに落とせば、溶けた脂の尾を引きながらじりじりと滑り出した。甘く香ばしい煙が立ち上り、両手でそっとすくい上げた上質肉をそこに滑り込ませると、じゅわぁという音とともに、旨みのある香りが立ち込めた。この匂いだけでメシが食えるな。表面に脂汗の粒を浮かばせ、溶けた脂がフライパンの底をうっすら覆い尽くしたころ、肉を返した。こんがりと焼き目のついた肌がぴちぴちと泡立ち、思わず感嘆の声を漏らす小市民家族であった。
 洋酒を落としてフランベするのをすっかり忘れていたことに気づいたのは、マナ板にあげた肉を15mm間隔で刻んだ後だった。しかしそんなことは家族の誰ひとりとして気づいてはいない。コタツの上の茶碗と、レンジで蒸したジャガイモがメインディッシュの到着を待っていた。4人でわければ15mm幅の肉が一人あたり3〜4切れほどだろう。それと溶けたバターが沁み込んだジャガイモが一人一個と茶碗メシが1杯。ささやかなるディナーが15年も使い込んだコタツの上に並んだ。
 こういう時に、ありがたみもなくすぐに箸を伸ばすのは長男である。肉を噛み、間髪入れずにメシを流し込む長男を見守る父母弟。どうだ、うまいか?喉を鳴らすように飲み込んで、めっちゃうめぇぇぇぇ!の号令とともに3組の箸が伸びる。うまい!確かに旨いよ。おいし〜い。柔らかいね。各々がありふれた所感を述べながらがっつく。ちょ、おまえなん切れ目?2かな?3かな?2と3じゃ大きな差だぞ!若いもんははじっこの脂身を食えよ。えぇ〜なんで、やだよ。ばか!俺がこんな脂身食ったら病気で死ぬんだぞ。ふ〜ん。あっまた真ん中の美味しいとこ取りやがったな。
 その間たったの5分もあっただろうか。皿の脂がまだサラサラのまま、あっという間の完食だった。そして、満足感とともにこみ上げる不穏な胸やけ。喉の奥から食道から胃壁まで、まとわりつくような動物性脂肪の感覚である。ううぇぇぇぇ。4人がみな、後ろ手にふんぞり返り満腹感とうんざり感を味わっている。美味いけど・・・脂すごいね。確かに。胸やけしそうな予感。最初の一口でいいね。気持ち悪いかも・・・。そして長男が絶妙な一言を言い残し、中の下階級小市民家族のささやかなるディナーは幕を閉じたのであった。

じょじょにレベルアップしないとね。げっぷ♪

ごちそうさまでした。
ホントにおいしかったです。m(__)m

2009年4月19日(日)

 関東戦の皆さん、頑張ってくださいね♪
小山から応援しております!!吉報待つ!!

 高田延彦さんの講演会を聞いてきました。ちなみにハッスル高田総統とは古くからのご友人だそうで。女性アナウンサーの掛け声に合わせて「出てこいやぁ〜!」と叫べば、入場曲と共に舞台袖から地味に登場してきたスーツ姿の高田!!
 よかったよぉ〜。やっぱアスリートの話は元気が出ますね。アナウンサーとの対談形式でしたが、聞いてることと微妙にずれててアナウンサー泣かせでした。
 小学1年生から野球をやっていて、テレビで新日本プロレスをみて猪木にあこがれて、中2の時、ひとりで初めてプロレスを見に行って、パンフレットに入門者募集の記事を見つけて、その瞬間、彼の人生が決まったそうです。横浜文化体育館のロビーです。決心した高田は中学3年はほとんど学校に行かず、親の反対と周囲の白い眼を気にせず自主トレに励み・・・ここら辺がバカっぽくって素敵です♪卒業して入門して翌日には逃げ出したくなったそうです(笑)。脳天から足のつま先まで筋肉痛になったそうですよ。その時脳天にも筋肉があることがわかったそうです(笑)。毎日どんぶり飯10杯とおかず10皿を4時間半かけて無理やり詰め込み体重を増やすのは、過酷なトレーニングよりもつらく、おかげで痩せたそうです(爆)。
 彼の一生の夢は猪木さんのところに入門することだったので、夢は早々にかなったと言ってました。それ以降は身近に小さな目標を立てて日々を過ごしているそうです。今は年に2回の家族旅行が楽しみだと言ってました。5歳の双子の男の子の話や、亜紀夫人の話も出てきて、話題は盛りだくさんでした。向井亜紀さんと結婚を決意したのは、テレビで彼女を始めて見たときだそうです(爆)。「俺、この人と結婚するぞ!」って。その後共通の知人を通して食事をすることになったのですが、その食事の約束をしてから実現するまで、向井さんに半年も待たされたそうです。レスラーだから武器とか持ってるって恐れられてたみたいです(笑)。
 47歳の高田さんの話は44歳の私が共感する部分が非常に多かったです。行ってよかったぁ〜。これからもこういう機会があったらふらっと立ち寄ってみようと思います。

2009年4月18日(土)

 早いもので明日はJAF関東第3戦・モテギマルチです。
みんな今日から走ってますね。参加の皆さんはかっこよく走りきってください。
私は今日、出てこいやぁ!の高田総統のお話を聞いてきます。

■「おくりびと」 監督:滝田洋二郎 主演:本木雅弘/広末涼子

 第81回米国アカデミー賞外国語映画賞。滝田監督のデビューは痴漢電車シリーズでしたが85年「コミック雑誌なんかいらない」で一般映画界にデビュー。それより、寿司食いねぇとか歌ってたモッ君がねぇ〜すっかり名優さんです。とにかく所作が優雅で華麗で美しく、見ているだけで感動なのですよ。こんなに美しいなら私も納棺されたい!と思ってしまいました。ストーリーも笑いと涙と感動ありで、納棺師への周囲の偏見が大げさでしたが、それ以外は素晴らしいものでした。山崎努さんをはじめとする助演脇役陣もよかったし、特に山田辰夫さんのセリフのない演技は引き込まれましたね。まだやってる劇場もあるかと思いますので、土日暇な方はぜひ♪
ちなみに劇場は私より納棺の日が近い方々が多かったです。

2009年4月17日(金)

 近所のアシ原のど真ん中にそびえる孤高の桜です。柔らかな緑を敷き詰めたあぜ道にところどころタンポポが咲き、晴天の青空にのびのびと枝葉を広げています。満開の花で美しく染まった頃はたった1週間もありませんでした。その間、近隣のアマチュアカメラマンや絵描きが訪れては、この風景を切り取っていたものです。

 今はすっかり散ってしまいましたが、また来年、花を咲かせるためにちゃんと新緑が芽吹いています。これもまた美しいなぁと思います。
夏も秋も冬も、この先ずっと、見守っていこうと思います。



2009年4月16日(木)

 先週のベストセラー

東京 「天声人語」

宇都宮 「レッツゴー!栃木 U字工事の熱血お国自慢」

私も県民として読まなきゃダメでしょうか?

2009年4月15日(水)

 こちらは夏のような空です(^o^)
3連投の車検が無事終了し、最終日の今日は帰りに整体寄って肩こりマッサージしてもらいました。だいぶ楽ちんよん♪

侍戦隊シンケンジャーについて。

あんたら真面目にやってる?
わしゃ、いつだって、真剣じゃ!

それって偽物でしょ?
バカを申すな、真剣じゃ!

いったいどっちなんだろ?

2009年4月14日(火)

 その丘は、まるでオタマを返したようにこんもりと盛り上がっていた。すり鉢状のカルデラ大地の中央にそびえた半球形の丘全体からは熱気を帯びたモヤが立ちこめていた。その西のふもとには毒々しいほどに色ずいた真紅の生姜が群生している。私はその丘の頂上にスコップを刺し立てた。柔らかく湿った丘は音もなくスコップの先端を飲み込み、私はそれを切り崩していった。
 かつて糸井重里が心血を注ぎ込み、私もその様子をテレビにかじりついて瞳を輝かせた徳川埋蔵金は、残念ながらおとぎ話と終わった。莫大な金貨が封印されたというその箱は時代とともに闇の深淵に沈み、今となってはその存在すら記憶の灯でしかない。だが私は、私だけはあきらめなかった。
 卵を掻き分け、ナルトに阻まれながらも発掘し続け、そしてついに発見したのです!その丘の深部に眠る巨大な宝を!!いま伝説は実話となりました。






佐野市まるQラーメンのチャーハンのチャーシューは、でかい!

*昼は13時過ぎるとソールドアウトですからご注意ください。

2009年4月13日(月)

 マスターズ・片山4位!あっぱれ!!神がかり的なパターの連続でさらなる浮上を成し遂げました。−10はトップとの差がたったの2打です。優勝争いに絡んだと言ってもいいのではないでしょうか。最終18番のロングパットを沈めてバーディーフィニッシュした時、地鳴りのような歓声とスタンディングオベーションを背景にガッツポーズしたテンガロンハットのジャパニーズの画は鳥肌もののかっこよさでした。
 一方、優勝争いは、三つ巴のプレイオフに持ち込んだ最終ホールが実に見ごたえありました。勝利の女神が土壇場で悪戯に飛び立ったおぢーちゃんがボギー。それを追うさっさと打っちゃうアルゼンチンのおぢさんがパー。前の組で上がった30過ぎなのに若造に見えてしまうアメリカ人と、3人が−12で並んでプレイオフでムッキュー♪でした。
 プレイオフ最初の18番ホールでアルゼンおぢさんがティーショットを林へ。若造がセカンドショットをバンカーへ。おじーちゃん俄然有利かと思われましたが林から復活を遂げたアルゼンおぢさんが食い下がり奇跡のパー、若造はパットを外して脱落し、プレイオフ2ホール目の10番ホールでおぢーちゃん(48)とアルゼンおぢさん(40)のガチンコ初老勝負となりました。勝てば歴代最高年齢とアルゼンチン初勝利の勝負でしたが・・・。
 追いつく者の勢いと強さ。追われる者の焦りと恐怖。アルゼンおぢさん・カブレラ選手が見事にグリーンジャケットに袖を通しました。すげぇ〜!感動した!!

アルゼンチンの子供わ〜アルゼンチン○、とか思いだした自分を恥じたいと思います。

2009年4月12日(日)

 おはようございます。
おかげさまで本日は来客ラッシュの予定です。

 マスターズトーナメントは石川選手が悔しい結果でしたが片山選手が大健闘しております。ずいぶん昔の話になりますが、私もオーガスタの起伏とガラスのグリーンはてこずったものです。フックとスライスを駆使して、ポイントあわせて、上昇するバーに集中して、ここだ![スペースキー] 卒論さぼって深夜まで研究室のPCでやったものです。あぁ遥かなるオーガスタ。

2009年4月11日(土)

 今朝テレビでやってましたが、今年のゴールデンウィークは2週間ですか!?
えっ!?先月も今月も2週間休んでるんですか、そうですか。
製造業はいろいろあると思いますが、春は必ずやって来ますから、て、もう春来ちゃいましたね。

今日は9時から3人も御来客で、更新もテキトーです。

2009年4月10日(金)

 電気髭剃りに負けました。ヒリヒリ痛い。
いい天気が続きますねぇ。
桜はまだまだ散ることなく満開です。

 裸眼なのでいつかはやるなぁと恐れていたら・・・。昨日、作業中に不覚にも目にゴミが入ってしまったのです。車の下にもぐってマフラー分解中だったのでたぶん錆の粒だと思うのです。右目のやや内側の上の方にある感覚でした。はじめはレーシックで余った目薬を大量に点眼したのですがいっこうに取れたスッキリ感がないのです。このまま傷になってもイヤだし、刺さりでもしたらまた眼科に行ってスクリュードライバーでほじくり出さないといけないじゃないですか。そのうち目が赤くなってきたので、懐中電灯で照らしながら鏡を覗き込んで摘出してやろうと思ったらですね。老眼でぼやけて見えない・・・。鏡を遠くに離すと・・・小さすぎて見えない。老眼鏡を掛けると・・・邪魔で取れない。という三つ巴のジレンマを経験しました。結局お客さんに取ってもらいました。老人介護ってこうやって始まるんですね。私はこの先一生、目に入ったごみを自力で取ることができない体になってしまいました。お若い方々、今後ともよろしくお願いいたします。

2009年4月9日(木)

ん?味噌変えた?
ワカメも歯ごたえがあって(^o^)/
この味噌汁おいしぃね♪




賞味期限が切れそうだったから今日はインスタントです。




Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


したがって今日の更新はお休みみたいなものです。

2009年4月8日(水)




長男が携帯電話を高校に持っていくのに提出が必要です。
この理由欄になんて書こうか悩んだ女房が私にスルーパスを出してきました。



下記理由により携帯電話を所持したいのでお届けします。
「所持させたい」ではなく「所持したい」です。
署名捺印欄も本人の下に保護者です。
つまりこの届け出の主は長男本人です。

ということで、本人にキラーパス。
高校生ともなると、このような責任を負うようになるんだぞ、と。



家が高校から遠く、電車  学だから・・・

つうべんって(爆)

まぁ、高校生になっても、こんなもんだ!(苦笑)

2009年4月7日(火)

 今日は長男の高校入学式です。新調した学ランで記念撮影しておきました。しかし、でかくなったなぁ。裏を返せば、かわいくなくなったなぁ、ですが。でもまだまだチビのほうです。同級生とかおっさんみたいのもいますね。私と同じようにこれからの一年で10cm以上は伸びるかもしれません。これぐらい急成長すると、骨の伸びに腱がついていけずにあちこちきしみをあげて痛みます。脂っこくなって臭くなります。生意気になって親に反抗するようになります。R20や18禁の世界に足を踏みいれ、親と社会に迷惑をかけるようになります。「だりぃ」わりには性的暴走機関車は加速してしゅっしゅぽっぽ〜♪ですがいっこうにもてません。友達のI君に「俺、Mさんが好きなんだ」と打ち明け、ふたりでMさんに電話したらその場でI君とMさんの交際が始まりました。切なかったです。そのころA君はゲーセンのおじさんに誘われて童貞失いました。これまたもっと切なかったです。父の口癖が「今日は何もなかったか?」になります。そのうち学校に行かなくてもいい家庭訪問の日々を迎えますがY君は直管ダックスでのんきに遊びに来たりします。やがて笑えない大目玉をくらって鎮静化し、ありふれた大学受験生になります。でも5校受けて3流ひとつしか受かりません。武蔵工大の物理は間違いなく0点です。はぁ〜・・・。

でも高校生活、めっちゃ楽しかったぁ〜ょ(^o^)/

2009年4月6日(月)

 テポドンが飛来したとき、私は平和な気持ちで桜を見上げてました。
多くがきっとそんなもんだと思います。

 昨日は優勝報告の電話やメールを各地から沢山頂戴いたしました。この喜びを誰に伝えたいですかリストの中に私も加えてもらえて幸せです。ありがとうございます。そして優勝おめでとうございます。これからも私にできることで皆さんのお力添えができれば、この仕事しててよかった〜生まれてきてよかったぢょぉぉぉぉぉぉ!と思えることでしょう。感謝感謝でございます。今後ともよろしくお願いいたします。いつだってエグゼはみんなの味方だからねぇ〜(^o^)/応援しております!

 そんなエグゼスポーツではありますが、昨日、仕事にならない所用でお越しいただいた馴染みのお客様に言われました。

それじゃまるでツンデレガレージじゃないっすか。

なにしにきたの?
ようが済んだらさっさと帰ってよ。
コーヒーならそこにあるから勝手に入れれば!
せっかくだから俺もつきあうょ。
一緒にビデオ見よっか♪

!!!!
確かにツンデレ(^o^;

2009年4月5日(日)

 4月最初の日曜日はうぐいすがホ〜ホケキョ♪
よくよく考えると、ずいぶんとぼけた鳴き声ですね。
栃木県南は桜が見ごろですよ(^o^)/

2009年4月4日(土)

 朝からコタツで横になりっぱなしの長男。脳ミソ片寄るぞ、と父が苦言を呈せば、無言で寝がえりをうつ。グータラだがバカじゃなさそうだ。買ったばかりの高価な学ランにまだ袖すらも通していません。それにしても日本国民のほぼ全員が余儀なく買わされる学生服は高い!!

そりゃ松岡修造もスーツでシャワー浴びるっちゅーの。



 おそらく我が家の和洋両タンスの中身で一番高価な衣装かと思われます。馬子にも衣装とか言いますが、石を投げればぶつかる普通の学ランです。ちなみに私が高校生の時はブレザーにネクタイでしたが、ズボンはタック入りの幅広とエナメルとんがり靴の踵に鋲を打つのがトレンドでした。


それにしても



ぜったいおかしいから、これ。

2009年4月3日(金)

 今日お花見に行かずしていつ行くんだ!ぐらいのお天気です。
お花見と言えば、完璧な人格者であるこの私にも、若気の至りとはいえ苦い経験があります・・・。

(前略)

 結局、外じゃ寒いからってことで奥様が留守中の課長のご自宅に老若男女、部長課長平社員からパートのギャルまで部員全員が大挙しておじゃまして、飲めや歌えの酒池肉林祭に興じていたらですね。悪ふざけが過ぎる課長が2階のタンスから奥様の下着を引っ張り出して来てですね。

(中略)

 翌日、手土産持って私だけ謝りに行きました。 _| ̄|○

 皆さんも、上司の悪ふざけにはじゅうぶんお気を付け下さい。
特に、面白いからお前やれっ!的ノリには充分ご注意願います。
心からそう思います。

2009年4月2日(木)

 エベレスト南西壁単独登頂の途中で遭難して、無線で助けを求めるけど実はバッテリーも切れていて、壁に宙づりのまま凍えて死んだ夢をみました。エイプリルフールの書き込みへの反応が微塵もなかったから。

 やぁ、おはよう!(すっかり立ち直って)
3月31日に次男がカツアゲされたよ(笑)

 文部科学省の暦の上では小学生最後の日。悪童5人組がひと気のない新幹線の側道を暴走していた時、前からチャリに乗った一人の高校生らしき若者と遭遇したわけです。その若者は見るからに勉強嫌いでグレてて学校なんかこの春からスピンアウトしてやるぜぇケッ!みたいだったらしく、咥え煙草でチャリを漕ぐという生粋の栃木名産不良高校生だったのです。ところがこっちも悪童ですから、同じ匂いをかぎ分けて危機管理レベルが一気にテンパッちゃったんでしょうね。よせばいいのに、目を合わすな的空気が悪童5人に以心伝心ビンビン伝播して、全員が斜め下を向くというあってはならない不自然さ。それに気づいた高校生がカチ〜ン!ニヤリ♪、オイコラッそこのがきんちょ、ちょっと待て、とありきたりな展開に発展。逃げる悪童5人組と追う不良バカひとり。サイクリングサイクリングヤッホーヤッホー♪ヤツ当たり的怒りで追う不良と、必死に逃げるがきんちょ5人の絵づらを想像すると、もうおかしくておかしくて(笑)ハイエナが5匹のネズミを追ってるょとか。誰かこの経験がもとで競輪選手にでもならないかなぁとか。
 そして悪童の一人の家の近くの空地まで逃げ帰り、チャリを乗り捨てて家に避難し、怯える子羊がごとく肩寄せ合ってビビりまくって小1時間。様子を見にシェルターの外に出てみると、全員のチャリがなくなっているという不可思議な事態になっておりましたとさ。

 必死の形相でチャリを空き地に放り投げ、走ってどこかに消えてしまった子供達。しばらく遅れて怒りの形相でやってきたのは、チャリに乗った一人の見るからに不良青年だった。不良は子供達を見失い、乗り捨ててあるチャリのところへ。籠の中身を物色し2台のチャリから財布をガメて、5台のチャリを投げ飛ばすかのように積み上げて立ち去って行きました。その一部始終を目撃していたおばちゃんが学校に通報。まもなく到着した先生方が積まれたチャリを回収し持ち主発覚。各自宅へ通報となったわけです。
 悪童5人の事情聴取からうちの次男を含む2名の金品が強奪されたことがはっきりし、学校は警察に連絡。次男は現金1000円と図書カードの入った財布ごと奪われたそうです。そして最後におまわりさんが登場し、みごと警察沙汰と相成りましたとさ。

 まぁ、ケガもなく、よい経験ができたのではないでしょうか。
たぶんビッグサンダーマウンテンより怖かったけどちょっと面白かったと思います(笑)

2009年4月1日(水)

 レーシックのその後ですが、昨日視力検査を行いました。

両目とも推定4.5以上!!

驚異の視力に回復しちゃいました(^o^;


 これは眼科界ばかりでなくブッシュマンもコーラの空き瓶投げ捨てるぐらいの驚愕記録的視力でして、人類でいまだかつて存在したことのない数値です。眼科医が興奮してあっちこっちに電話しまくってました。ギネスに申請したらどうかとも言われましたが、それはさすがに断りました。なんせ、視力検査器の一番下のちっちゃいCがどこまで後ろに下がってもはっきりと確認できてしまいます。はじめは覚えてるんじゃないかと疑われましたが、看護師が隠れてボールペンで書いたミジンコぐらいのCも言い当てたので、ちょっとセロった気分でした。その後、眼科の室内ではもの足りず、外の駐車場から開けた窓を通して測定しましたが、結局隣のビルに背中をくっつけても見えてしまう始末でして、これ以上の測定は不能と判断され推定4.5以上と判定されました。近々国立眼センターに呼び出されて精密検査と学会報告用のデータを取るそうです。
 確かに最近遠くのものがよく見えるなぁと思ってはいたのですが、まさかここまでとは自分でも驚いてます。例えばお茶の間でテレビを見ていてブラウン管のRGBの粒がはっきり見えたり、真っ直ぐな道路を運転中に800m先に落ちている空き缶がペプシだとわかったり、月面の”豊かの海”を見つけられたり、土星の輪が見えたり、階段を登る女子高生のパンツまで見えちゃったりと、見えすぎちゃって困るの。

 あとですねぇ。まだ先生には内緒にしているんですが・・・。これは絶対内緒にしてほしいし、今まで通り仲良くお付き合いしていただきたのですが。ひかないで聞いて下さいね。

眼からレーザービームが出るようになってしm・・・・


ん?なにかな?
なにそんなに怒ってるのかな?
今まで通り仲良くお付きあ・・・(ブラウザを閉じる)




目次

2009年4月ぶん