2009年3月31日(火)

 毎日がテポドン。あの報道を見て私にどうしろと?東北人は逃げろと?もっとビビれってことでしょうか?安全圏の人は期待してね♪ってことでしょうか?と思いながらも今日から渡辺満里奈がコメンテーターに加わったのでガン見です。

 あ、次男がゆうべ久しぶりに帰ってきました。晩飯はまた別の家でご馳走になってから、ちょっと太って帰ってきました(笑)

あっという間に4月ですねぇ〜。

2009年3月30日(月)

 今日は朝からいいもん見っけて、気分上々♪絵画のようなロケーションのど真ん中に堂々とそびえる一本の桜の大木がピンク色に染まりました。

 春だなぁ(^o^)/
わしも歳をとったもんだ。(茶すすりながら屁こいて)

 桜が咲いて、タンポポが咲いて、あっちこっちのプランターにパンジーが満開で、色とりどりの花だらけです。今朝は近所のノラ猫の春の声で目が覚めて、次男はよそんち泊まり歩いて家に帰ってこないし、長男は朝からコタツでゴロゴロしてます。ちなみにうちの次男の人生と肉体の1/3は他人に育てらてます。養育費が30%OFFのディスカウントな息子です。そういえば以前飼ってた猫のかんきちもこの時期になると帰ってこなくなったなぁ。春ですなぁ。おまえは猫か?

2009年3月29日(日)

 今日は早いもので関東戦第2戦ですね。
お客様はがんばってることでしょう。
栃木から応援の念を送っております。

2009年3月28日(土)

 綾瀬はるかのおっぱいバレー。
朝から書いてみたかっただけです。


 小山駅東口のエスカレーターを転げ落ちるように降りてきたお客様は、小柄で太めな中年男だった。私は送迎リムジンの運転席からその様子を見かけた瞬間、まるでチャウチャウ犬のようだと思い爆笑した。チャウチャウほど可愛くはないが、愛きょうと落着きのなさは負けていない。ガードレールを飛び越えずに下の隙間からくぐり抜けて近づいてきたので、もう一度吹き出してしまった。
 2週間預ったお車の引き渡しのために、遠くから電車でお越しいただいたお客様は、リムジンの後席から身を乗り出してしゃべり続け、エグゼスポーツに到着した。私がお客様のお車を車庫の奥から出す間もなにかしゃべり続けていたようだ。一度試運転に行っていただき、それからコーヒーでも飲みましょうと誘った。彼は久しぶりの愛車に乗れるがよほどうれしいのか、笑顔のまま小踊りまでして車の運転席に座り、一人でエグゼスポーツから左に出て行った。

 しかし、遅い。いくら喜び勇んだとはいえ帰りが遅すぎる。そんな不安がよぎった矢先、私の携帯が鳴った。
「はいはい、どうしました?」
「迷子になって帰れなくなっちゃいました〜(涙声)」
思わず、月と星の方角見てそのままご自宅まで帰ってください、と喉まで出かかったのだった。迷子って・・・_| ̄|○
 電話で迷子の状況を聞いてもらちが明かず、ちょびっとイライラしながらも、もういい歳のおっさんなんだから自分で何とかして下さい、とも言えず。ちょうどその時、目の前を救急車が通りすぎていった。しばらくすると電話の向こうから救急車のサイレンの音が聞こえはじめたのだった。
「救急車の来た方角に進んでください」
とだけ伝え、電話を切った。

・エグゼを左に出て直進。
・4号バイパスを超えてUターン。
・エグゼを通りすぎて・・・通りすぎて・・・ずっと直進。
・道が細くなって田んぼのド真ん中で迷子のチャウチャウ犬。
・電話で迷子報告。

彼は一本の直線道路しか走っていなかったのだっ!!
しかも通り過ぎてから気づくまで遅すぎっ!!
チャウチャウ犬なら絶対迷わないと思う。

2009年3月27日(金)




一足お先に春♪
なに桜かは知りません。
知らない人んちに咲いてました。
皆様方もステキな春をお迎えください。

2009年3月26日(木)

 いまどきの電子辞書ってすごいですね!
100コンテンツ収録って辞書100冊分っすよ!
ウィキペディアも入れといて欲しいけど。
これだけの辞書が収録されてれば、淫語だけ調べるってのはもったいないですね。

好奇心と知識欲が旺盛だった小学校の時はいろいろ調べたなぁ。

キス・・・接吻の意
接吻・・・くちづけすること
くちづけ・・・キスと同じ

僕が知りたいのはこんな言葉遊びなんかじゃない!(辞書をベッドに叩きつけ)

2009年3月25日(水)

 WBC侍ジャパンやりました!!
て、小倉さんの声がひっくり返ってたょ(予想通り)。
私も8回以降はリアルタイムで見てました。自営業の特権乱用で。
泣いた!

 この春から高校生になる長男に携帯電話という文明のアイテムを授けました。子どもに携帯電話を与えるってスリルあるわぁ。いきなし12万円の請求がきたらどうしようとか、債権回収業者からアダルティーなサイト閲覧の架空請求がきたらどうしようとか、一家団欒の食事中に、こんばんわぁメイド宅急便のあゆみですぅ♪とかきたらどうしようとか、いろいろリスキーなことを考えてしまうわけです。考え過ぎですか?そうですか。
 店員の勧めるプランになすがまま加入しましたが、ちんぷんかんぷん。パケホーダイWとかアクセス制限とかゆうゆうコールとかオプションパックとか・・・完全に客の理解を超越した世界で契約は滞りなく進み、最後に「わかりましたか?」と聞かれても「わかりませんけどいいです」と答えるしかない劣勢ぶりでした。いっそのことピンヒールのエナメルブーツと仮面とドクロの煙管でも持ってて欲しかった。深キョンのドロンジョ様♪

そして後で気づく。贅沢すぎたと・・・_| ̄|○

 そんな長男は今日、春から通う高校のオリエンテーリングに行って、丸太の橋を渡ったり、ロープでよじ登ったり。じゃなくて、オリエンテーションに行って入学前から忘れ物を親に届けさせるというふらちな悪行三昧。_| ̄|○


記念に校門で♪

2009年3月24日(火)

 本日10:00よりWBC決勝、対韓国戦がプレイボールです。
試合終了はちょうどお昼休みになるかな?さぞかし皆さんの会社の社員食堂は盛り上がることでしょう。それまでは課長に隠れて yahoo!の一球速報でお楽しみください。あぁ、いっそのこと課長にも部長にも教えちゃいましょう(笑)。

 そろそろ全日本第2戦・名阪の申し込み締切ですよ〜。

2009年3月23日(月)

 いままで石田依良作品を多数紹介していていまさらなんですが・・・
依良・・・×
衣良・・・○
思いこみって人をダメにするね。


■らーぜんのちゃんぢぃ
3月16日(月) AM7:00 多賀SA・レストイン多賀

 まるで全身に泥を塗りたくったような疲れた体で中島がここに舞い戻ってきたのは岡山から栃木に帰る途中の昨晩のことだった。互いの疲労のせいだろうか、森田とはぐれたのは神戸のあたりだったと思うが、その時はすでにバックミラーで捜す気さえ萎えていた。どうせ多賀で落ち合うのだから好きに行けばいいさ、と思い途中小休止を挟んだため、多賀SAに中島が到着した時は森田の車が連絡橋のたもとに既に停まっていた。マグネシウム灯に照らされながら重い足取りで連絡橋を渡り、下り側パーキングのレストイン多賀に到着したのは夜の9時を回っていた。
 入浴後に行きと同じアイスを自販機で買い、歯を磨き、仮眠室のいちばん隅のマットレスで横になったのは何時だっただろうか。地鳴りのような誰かのいびきで目が覚めたのは朝の5時を少し回っていた。そのあまりにうるさいいびきに眠ろうとしても眠れず、周囲の何人かが目を覚ましたようで、寝がえりや咳ばらいをあちらこちらでしはじめた。枕もとの空き缶でも投げつけてやろうかと思うと、余計に眠気が遠のき、中島は眠ることを一度諦めて喫煙室に行ってタバコをふかしながらガラス越しにテレビを眺めた。すると白髪の老人が天井から吊るされたテレビを見上げながら手に持ったリモコンボタンを押し、画面はWBCの中継に切り替わっり止まった。試合を1イニングだけ見て再び仮眠室に戻ると、地鳴りの主はなにごともなかったかのように横向きに寝静まっていたのだった。

 耳元で誰かが囁いている・・・らーぜんのちゃんぢぃ・・・。目を覚ますと森田が薄暗闇の中、顔を近づけていたので一瞬ムッとした。二度寝の寝起きがジャワ原人では寝覚めも悪い。
「中島さん起きて下さい。もう7時です」
「あ?あぁ」
「8時にはチェックアウトですから。風呂入りますよね?」
タレントマネジャー並の気配りである。
「ここに寝てるの、中島さんだけですよ」
中島は上半身だけ起こし辺りを見回した。確かに誰もいない。
「さっきまでWBC見てたんですけど、いっしょに見てたじーさん、らーぜんのちゃんぢぃにそっくりでしたよ」
「んなバカな・・・」
やっと覚醒しかけた脳で中島が答えた。
「だって屁こいてましたもん」
「マジで?」
「マジっすよ」
 そんなバカなことがあるわけがない、と中島が思ったまさにその時、仮眠室の扉が音もなく開き、一人の男が中腰のままそそくさと入ってきた。その気配に中島と森田の視線が同時に奪われ、そして固まった。外の眩しさを背負ったその男のシルエットは一糸まとわぬ生まれたままの姿の白髪の老人だったのだ。もちろん股間は後光燦々のラブラブのチンフル(ブラブラのフルチン)である。唖然とするふたりをよそに、らーぜんのちゃんぢぃは行きに見かけた同じマットレスのところから身の回りの物をかき集めている。それはまるで餌付の罠にまんまと掛る伝説の森の民のようでもあり、やっぱりゴミを漁る貧乏神のようでもあった。それが間違いなくらーぜんのちゃんぢぃであることに気付くのに、ものの3秒もあればじゅうぶんだった。森田は隣のマットレスに顔をうずめ、中島はうつ伏せになってタオルケットの角に噛みついた。そうしないと気が狂いそうなほど面白かったのだ。腹筋と背筋が痙攣している。よりによってこの二人だけに、しかも絶妙のタイミングで神が舞い降りたのだ。らーぜんのちゃんぢぃ、再び。その姿が消えてなくなっても二人はマットレスの上でのたうち回り、泣きながら笑い転げたのであった。

おしまい。

2009年3月22日(日)

 東京マラソンです。選手や観戦の方がいましたら写メください。

■らーぜんのちゃんぢぃ
3月12日(木) PM20:00 多賀SA・レストイン多賀
 中島がチェックインを済ませた時、すでに喫煙室には森田がいて中島の到着を待っていた。途中まで追尾していた森田も中島のスローなペースに嫌気がさしたのか、多賀SAまであと数キロというところで抜き去ったのだった。
「中島さん、フラフラしてましたよ」
森田が携帯をいじくりながら笑っていた。中島がいい訳を返そうとしたが、森田がすぐに携帯を耳にあてたのでその機会を失い言葉を飲み込んだ。煙草に火をつけ、目の前のアイスの自販機の眺めながら、風呂上りにチョコクッキー入りのアイスを食おうと決めた。喫煙室は、彼女に無事の連絡をする森田の他に白髪の老人が一人座っていて、ときおり湿った屁を放っていた。
 サウナ付の風呂に入り、仮眠室といえども朝までマットレスの上で眠ることができて、たったの750円は断然お買い得だ。街なかのスーパー銭湯でも600円はするのである。何種類もの浴槽を用意したところで、洗って暖まる以外に風呂の目的はない。チョコクッキー入りのアイスを食べて歯を磨き、仮眠室に入ったのは夜の10時前だった。照明を落とした部屋を非常口を示す緑のランプがうっすらと照らしていた。絨毯の床に並べられたマットレスは40枚ほどで、それぞれに衝立の仕切りが設けられている。客の数は半分も埋まっていないようだ。入口のすぐ右側のマットレスにはブリーフ一枚で寝ている中年の男が醜くたるんだ肉をさらしていた。いくらなんでも裸でいいのかよ、と中島は思いながら振り返り、打ち上げられたトドを指差し森田に苦笑して見せた。そこから3歩進んで今度は正面のマットレスに視線が流れた瞬間、中島はあまりの衝撃的な光景に目を疑い足を止め、二度見してから固まった。一糸まとわぬ全裸の肉塊が横たわっていたのだ。薄明かりに浮かび上がる弛み切った体は間違いなく全裸である。両手を頭の上に半端に伸ばし、両足は股を広げて膝を曲げて投げ出し、まるで仰向けに仰臥する怠惰な猫のような潔い寝姿であった。白髪の髪は阿吽の神のように逆立ってはいるが、その貧相な全体像からして、酔いつぶれた貧乏神にしか見えない。そしてスースーと寝息を立てるその老人の股の付け根には・・・こんな柄ものブリーフがあるわけもなく、その立体感と質感としおれ具合がブリーフというよりレリーフで、というよりモノホンのらーぜん。らーぜんのちゃんぢぃ(全裸のぢぃちゃん)現る!中島は思わず噴き出しそうになるのをこらえ、興奮の眼差しで森田を引き寄せた。らーぜんのちゃんぢぃに気づいた森田が肩をすくめ背中を痙攣させながら声にできない笑いに耐えていた。するとそれに応えるように、らーぜんのちゃんぢぃは湿った屁を一発放ったのだった。ふたりは耐えきれずに仮眠室を飛び出し、脱衣所で腹を抱えて笑ったのだった。

つづく

2009年3月21日(土)

 本日多忙につき・・・

2009年3月20日(金)

 今日は春分の日です。新聞の日じゃありません。
うぐいすの鳴き声を先日聞いたばかりです。
待望の春ですねぇ〜。

■「月のしずく」 浅田次郎


 天才浅田が描いた奇跡の恋の物語が7作品。いずれも最後は救われる心暖まるストーリーです。
荷役夫が偶然出会った美しい女と共に暮らすことになった表題作、月のしずく。過去の恋愛を想い続ける美しい妻とそれを受け入れる優しい夫の物語り、聖夜の肖像。これは病院の待合で読んで鼻の奥がつーんとしたよ。最悪の30歳のバースデーを迎えた女が乗り過ごした駅で愚直な男と偶然出会い一夜を共にする、花や今宵。6歳の時に自分を捨てた母と24年後に出会う、ピエタ。んまぁどれもこれも切なさと哀しさを最後は愛情が救うという美しいお話ばかり!ロマンチスト必読!

2009年3月19日(木)

更新が大幅に遅れてしまいました!
よって、今日はなし!
以上!

この潔さに惚れればいいじゃないか!

2009年3月18日(水)

 冷たいみぞれまじりの雨が午前中にはあがり、雲の切れ間から晴れ間がのぞくようになっても冷たい風にのって時々雪が舞う土曜日の2本目。SA1志賀野選手のEK9がショートカットを折り返しインフィールドのストレートを2速にシフトアップした瞬間にそれは起きた。ドンガラガラガラ。停止したマシンをオフィシャルが押すと何かに引っかかったようにガクンと止まりレッカー車がホームストレートから志賀野号の排除に向かったのだった。
 私がこの目で見たのはここまでで、レッカーがマシンをコースから排除している時には四国の選手のパドックでEK9ミッションアッセンの心当たりを捜していた。まず車検オフィシャルを務めていた牡蠣の国広島のB氏に相談し、SA3クラスT選手とサービスのM君、SA1クラスのO組長を頼りに、会場にサービス員としてきていた香川県のEK9オーナーN氏との接見が早々とかなった。交渉というよりほとんど状況説明だけで快くドナーとしてミッションを拝借できることとなり、急きょN氏は同伴の彼女とともに香川県まで車両を取り帰ることになった。また、ドナーとなるEK9は大会終了後にミッションなしの状態でSCクラスのO先生の積載車で四国に帰ることも決まったのだ。全ての計画が決まり行動に移すまでわずか1時間足らずであった。
 まずはこの場をお借りしてご尽力いただいた皆様方にお礼を述べさせていただきます。おかげ様で志賀野選手は決勝を走ることができました。ありがとうございます。もちろん志賀野選手は生涯頭が上がらないぐらい皆様に感謝感激していることもお伝えいたします。
 志賀野選手にミッション降ろしの段取り指示だけして、さっさと2本目を走り終え、ツナギに着替えて、会場ではめったに開けない工具箱をかついでパドックの片隅に座礁した志賀野号のもとへ。そこに心強い助っ人、仲間のM選手のサービス員N君もM君を見捨てて駆けつけてくれてミッション降ろしをせっせと始めた。福島から徹夜で土曜日入りをしたS選手も自分の工具箱を持って手伝いに来てくれたが、N君だけで手が足りているので戻ってもらった。ファイナルギアーが壊れたのは十中八九間違いないのだけれど、フィアナルギアーだけ手配せずにミッションアッセンを手配したのは、LSDや他の部分が破損している可能性を完全に捨てきれなかったからで、その予想と判断はミッションを降ろしてすぐに正しかったことが判明した。ファイナル粉砕の衝撃でクラッチケースも割れていたのである。
 ドナー車両が到着する間、志賀野選手は主催のT氏に事情と状況と計画を説明し我々3人が会場に居残ることの承諾をもらった。自分たちの片付けも終わりやがて全選手撤収時間となったが、おしゃべり大好きY選手と撮影班長G氏は得意の長いおしゃべりで志賀野選手を励ましていた。このY選手の優しさと心配りにはいつも感心させられるのである。やがて彼らも宿に戻り、ときおり吹く冷たい風が誰もいなくなったパドックを渡る音以外に音はない静けさの中、志賀野選手、助っ人N君、私の3人は車の中で暖を取りながらドナー車の到着を待った。そして日没直前に山道を駆け上がるエキゾーストノートがこだましたのだった。ゲートでドナー車両を受け取り、ホテルからはO組長がドナー車のオーナーN氏とその彼女を迎えに来てくれた。
 黄昏の空に金星が見え始めたころ、ドナー車からのミッション摘出作業が始まり、凍えるよな満天の星空の下、セブンのヘッドライトに照らされながら志賀野号に移植して、M選手から借りた右ドライブシャフトを装着した志賀野号EK9は復活したのであった。
 宿の仲間のチャンプM君に電話をすると鍋祭りの準備が整っているという。徹夜組のY選手、S選手は眠さを我慢し、11人みんなが腹を空かせて私たちの帰りを待っていてくれたのだった(涙)。さぁ急いで帰ろう。

 と、まぁ、このように多くの方々の善意に支えられながら、たったの2本を走るわけです。登場人物だけで20人以上はいるでしょうか。この出来事は確かに特別なことではありますが、本質は特別ではありません。誰もみな誰かの支えでここにいるということですなぁ。人という字は・・・(笑)

とにかくおつかれ!ありがとう!かんぱ〜ぃ♪

2009年3月17日(火)

 昨日はずいぶん楽したのに・・・体がダルいっしゅ。
今回も去年と同じ、風の聖域・大日高原ビジターハウスにみんなで宿泊しました。ここはレオパレスより生活用品が充実して揃ったアパートみたいな合宿所なのですが、4部屋借りたのにそのうちの1部屋に14人?全員が集まって自炊すると面白いのなんのって。1日目はホルモン祭り、2日目は鍋祭りと、大いに盛り上がりました。1泊3千円程度で祭りの会費が1500円ですから、これはお得!私の部屋は喫煙者が5人集まりましたが、布団の敷き方はA型組とO型B型組にきっちり分離させていただきました。二日目にO型の一人はたたんだ布団の上になにも掛けずに朝まで寝てました。ほんとO型ったら、テキトー・・・。

 ところで帰り道に気づいたのですが、私のウェストバッグの中からB棟の鍵ができてきてびっくりしたなぁもぉ!私はA型です。

2009年3月16日(月)

 神降臨。
らーぜんのちゃんぢぃに奇跡の再会。

2009年3月15日(日)

 全日本ジムカーナ決勝。快晴。
SA1森田がチャンプの貫録で優勝(^o^)/
続いて山越、中井川、志賀野も入賞を果たす(^o^)/
N2佐川が3位表彰台(^o^)/
私は・・・2位(-o-)/

2009年3月14日(土)

 全日本ジムカーナ公開練習。冷たい雨のち曇、ときどき雪。
SA1志賀野、ミッションブロー。
日没後、お星様に見守られながらミッション載せ替えで凍える。

2009年3月13日(金)

 多賀SAのホテル仮眠室にてらーぜんのちゃんぢぃ(全裸のじーちゃん)を見る。
金曜練習会は冷たい雨。
そして私は4ヶ月ぶりにセブンに乗る。

2009年3月12日(木)

 罪を憎んで人を憎まず。
元死刑囚の女性をTV報道で見て言葉の意味を実感したょ。

 昨日は夕方から浅間台に故障車の引き取りに行って、24時すぎに戻ってまいりました。神奈川県のお客様が千葉県で壊れて栃木から迎えに行くという、いっけん不合理に思えるこの3角関係もいわばLOVEです(笑)。肉体関係ははっきりと御断りしたいLOVEです。真っ暗な田舎道の自販機の前で花粉症と切なさに涙しながらそのお方は3時間も私の到着を待ちわびていました。携帯電池が残りわずかになって、寒いし、怖いし、情けないし、さぞ心細かったでしょう。積載車で迎えに行くと、だいたいいつもこのような状況でお待ちいただいているのです。呼んだ経験のある人ならわかるでしょう。そこに元気よく私が登場するわけです。待たせたなハニー♪がしっ!ぎゅっ!あたい、さびちかったんだぞぉ(涙)。そしてキッス・・・しない。ゆうべは我慢しながら先を急いだから、いきなり立ちションしました。
 車を積んで暖かい助手席に招きいれた時の安堵のため息。近くのコンビニまで行って熱いコーヒーと北海道シチューまんをごちそうしました。最初は遠慮していた彼も、一口シチューまんを口にした時思わずホロリ。実はお腹がペコペコで・・・あれ、このシチューまん・・・なんだか塩味がきいてるなぁ・・・ぐすん。どうぞゆっくりお食べなさい♪

以上、エグゼスポーツ広報担当がまとめた深イイ話でした。
今後とも弊社の愛をよろしくお願いいたしますm(__)m
さて、いくら請求しようかな。愛は無償ですが迎車は有償です(笑)。

ぬをっ!旅立ちの準備をせねば!!

2009年3月11日(水)

 澄み切った青空が校舎の白い壁をいっそう白く際立たせていた。静まり返った学校の校庭にも校舎の周りにも人影はなく、正門のところに案内係りの背広姿の男がただひとり、退屈そうに立ているだけだった。一列に並ぶ桜の大木もまだ若葉さえなく、枝の隙間から遠くの雪山を透かしていた。校庭の奥に設けられた仮設駐車場は半分ほどが埋まっていた。そこに一台の白い軽トラックが静かに現れ、停めてある車の列の端に停車した。降りてきた男はポケットに片手を突っ込んではいるが寒そうにしているふうではなく、ときおり日差しの眩しさに手庇をかざしながら、校庭のど真ん中を胸を張って歩いてきた。正門にいた案内係がその男に気づいたようだが、声をかけるわけでもなくただ見送っていた。しかし男が近付くにつれ、その場違いないでたちに声をかけるべきか戸惑い、結局見て見ぬふりをしてやり過ごしたのだった。その男は、晴れの門出を祝う今日の式典に黒いツナギ姿で現れたのだった。
 式典会場である体育館が近付くにつれ、はきはきとした答辞の言葉が男の耳に漏れ伝わった。不精髭を蓄えたツナギの男を拒絶するかのように閉ざされた扉の内側には紅白の垂れ幕が掲げられ、窓という窓には暗幕が張り巡らされていた。金や銀の飾りがあしらわれたものや、黒革や鰐革の磨き上げられた靴が下足箱に入りきらずに上や下にも並べらていた。その傍らの少し離れた所に埃だらけの安全靴を脱いだ男の足は、踵が薄汚れた白い軍足だった。男は誰が見てもあきらかな挙動不審者であった。卒業式が取り行われている体育館の中の様子をうかがえる暗幕の隙間を見つけ、その窓辺に顔を寄せながら、ときおり声を詰まらせながらも気丈に答辞を読み上げる壇上の声に耳を傾けていた。卒業生の父兄であろうか。それにしても訳ありに違いない。
 閉会の辞まで覗き見ていた男は、卒業生退場の号令とともに逃げるようにその場を立ち去ったのだった。


そんな息子が今日、県立高校に合格いたしました。
おめでとう♪

まるで生き別れた息子のようですが、違います(笑)

2009年3月10日(火)

 今日は中3長男の卒業式です。
「ツナギで行こうかなぁ」
「来なくていい」

1年生!
英語のテストの回答欄全てにCatと書いた・春!
掃除サボって怒られて罰として職員室の廊下の前を掃除させられたにもかかわらず、ふざけて上履き投げて応接室のガラス割った・夏!
黄昏の教室に先生と二人きりで居残って夏休みの宿題をやった・秋!
父と毎朝坐禅を組んで反省文を読まされた・冬!
どれも悲しい思い出です!悲しい思い出です!

2年生!
同級生を殴った・春!
日本史の権威、静岡大学の小和田博士に会った・夏!
祖母がおれおれ詐欺に出会った・秋!
デスノートに嵌りに嵌った・冬!

3年生!
学級委員長に大抜擢された・春!
塾に通って勉強に燃えた・夏!
成績がどんどん上がった・秋!
受験で燃え尽きた・冬!

レギュラーになれなかったサッカー部!サッカー部!
恋愛のれの字もなかった中学生活!中学生活!
どれも楽しい思い出です!

卒業おめでとう♪
よく頑張りました(^0^)/

2009年3月9日(月)

 畑に菜の花が咲きました。春ですねぇ。

 関東地区戦の開幕戦も無事終わったようで、リザルト拝見しました。
盛況のリザルトに連なった名前を見るたび、あぁみんな帰ってきたなぁ、みんながんばってるなぁと感慨深くなります。また、今年もポイント表を作りましょうかね。少しでもお役にたてればと思います。

 そして今週末は全日本ジムカーナ第1戦備北〜山の陰で人知れずひっそり開幕戦〜です。心と体と車の準備をしなければなりません。まずはバッテリーを変えようかと(笑)

2009年3月8日(日)

 RX7のバッテリーがあがってたよ〜!!





 運転することが前提みたいです。

 さて、本日はJAF関東地区戦開幕戦です。
本当は見に行くつもりでしたが仕事の都合で行けなくなりました。
参加の皆さんはかっこいい走りをぶちかましちゃってください!
栃木から応援しております♪

2009年3月7日(土)

 VISAカードのTVCMの野口英世は女房の高校の同級生です。今朝卒業アルバム見せられました。





祝ジムカニアン川柳最優秀賞





ワインとか飲んでるし(^0^);





子供が箸持って待たされてます(笑)

またのご参加をお待ちしております。

2009年3月6日(金)

 ガスコンロに続き、18年間愛用した炊飯ジャーを買い換えました。中釜のコーティングが禿げてこびり着くのがイヤだとか、子供らがこの先8杯もおかわりするようになったら5合炊きじゃ足りないとか、そういった理由でまだ使えるにもかかわらずお払い箱となったわけです。当時はやりのファジーコントロールとかいう炊飯ジャーは、なにがファジーなんだか、そこのところがいまいち曖昧(ファジー)なのですが、朝に晩に18年間一度も壊れることなく炊き続け、液晶もいまだに鮮明で、グッジョブHITACHI!の秀作でした。御苦労さまでした。
 後継機はタイガー炊飯ジャー”炊きたて”。このブランド名も私が物心つくころにはTVCMで流れていたほど馴染み深い逸品でして、炊飯ジャーの王として君臨し続けている一流ブランドですね。開梱し無機質なステンレス素地に覆われた縦に長い流線型の躯体が露わになると、思わず、おぉぉぉ!炊飯ロボ!とプチ興奮♪だってロボコップみたいなんだもん。うわぁ、ボタンがいっぱい!GABA増量ってなんだっ!?旨みを引き出す「剛火IH」と「銅入3層遠赤釜」でごはんふっくら♪ごごごご剛火?IHってなんだ?銅が入った3層構造の釜で遠赤外線なんだな!などとファジーの頃と全く変わりなく消費者置いてきぼりのキャッチフレーズに意味不明のさっそく今朝は炊飯ロボに炊かせたごはんを家族で食してみました。



うん、ふつうのごはんだ。
家族の誰ひとりとして特別な旨みは感じなかったょ。

2009年3月5日(木)

 今日は長男の高校入試です。じゃっかんゲーリーだそうですが元気よくチャリ漕いで電車に乗って行きました。登りと下りを間違えなければ今頃高校の便所できばってる頃でしょう。
 私の高校受験の記憶は一切ありません(きっぱり)。歯にびっしりと煙草のヤニがこびり着いた担任の美術教師が、私のレベルに最もふさわしいと勧める高校を母が無理やり蹴とばしてワンランク上の高校に受験し、覚えてませんがきっと合格したようです。もちろん母は大喜びして、わざわざ町田まで出かけてご褒美の自転車を買ってくれました。でも自転車通学なんか最初の1か月ほどで飽きて、定期買ってJR横浜線と東急田園都市線と徒歩で通うようになりました。そのうち改札口で友達が待っていてそのまま喫茶店に行って、3時間目から登校して早弁して昼休みに早退して2子玉経由で東急東横線沿線で遊ぶようになりました。そんな楽しい日々を過ごし過ぎたのか、薄汚れた白衣を着た倫理教師の担任がキレて家に通報して母が半狂乱して父が熱を出して、ついでに20歳未満がたしなんだらいけないんだぞぉ的嗜好品の数々もばれました。
 そのころ一緒に遊んでた友人が一生の親友となりました。めちゃくちゃ楽しかったなぁ。学校なんかどこに行っても同じだよなぁ。今こんな楽しい仕事してるし〜♪

2009年3月4日(水)

 小沢代表はなんにもわかっちゃいない!マスクは縦に広げて使うんだ!

 ほんとはこんなこと書くためにホームページを開設したはずじゃなかったのに、書くこと忘れました。毎度のことです。最近はメモ代わりに自分の携帯から自分のPCにメール送ってます。
 あぁ、そういえば明日は長男の高校受験みたいです。喉が痛いとかで昨日から学校休んでPSPやってます。女房も風邪ひいたみたいです。私も治りかけです。次男だけバカみたいに元気です。PSPってなんだよっ!

2009年3月3日(火)

 最近の車も家電もそうですが、基本性能は変わらぬばかりか、余計な付加価値のおかげでむしろ使い勝手が悪くさえなってる商品って沢山あると思うのです。ヒマな頭が会議室に集まって作るとロクなもんじゃありませんな。
 先日ガスコンロを買い換えたのです。陳列されてるガスコンロはどれも一様にバーナーの中央に天狗の鼻のような猛々しい突起物がそそり立ってクッキングママたちの欲情をかきたて・・・これ、純然たるセンサーです。天狗の鼻にちっとも似てません。この天狗の鼻が鍋やフライパンの底の温度を検知して、空焚きや消し忘れをした時など火を弱めて場合によっては消化するという付加価値なのです。これって便利ですかねぇ?だって、このシステムを生かすためにまずは乾電池が必要なんですよ。つまりガスが来てても乾電池がないと火がつかないガスコンロなのです。おかしくないですか?思わず、ガスだけで着けよ!いったいオマエは今の生活の何が不満なんだ!と叫びたくなります。夜中にどうしても焼きそばが食べたくなった時、偶然電池切れしてたら、まずは着替えて顔洗って薄化粧してコンビニまで車で行って乾電池買ってからじゃないと焼きそばは作れません。うん、確かにレアケースですが、想像するだけでガス管咥えて死にたくなります。
 なにはともあれ、さっそく焼きそばを作ってみました。まずはフライパンを火にかけ油を落とし、最初は強火でチンチンに熱して肉と野菜を放り込んで一気に水分を飛ばして、と思ったら・・・まさかの勝手にトロ火ですよ。おいおい、冗談よしこさん。これからジュバッ!っと炒めて炎の饗宴しようって時にトロ火とは!たるんどる!歯をくいしばれ!中華鍋でチャーハン作る時はどうするんでしょうか。鍋から煙が上がってからが勝負の舞台じゃないですか。トロ火でチャーハンが作れるかってんだ!これじゃ中華の鉄人陳健一も中華包丁で天狗の鼻を切り落とすってもんですよ。
 私がこのことを一言も言ってないのに、先日息子が一人でホットケーキ作ったとき、息子も同じことを言ってました。このセンサー使えねぇよって。
 なにも店の商品全部にこのクソシステムはいらないんじゃないかな。いまさら返品はできないだろうし・・・。ガスが来てるんだからさぁ、ひねった分だけ火着こうょ。調節ぐらい自分でやるからさぁ。

2009年3月2日(月)

 私に断りもなく、世間はいったいいつ3月になったのかな?ご指摘いただくまで昨日の日記の日付が2月29日(日)だったことに全く気付きませんでした。うるうドジ。

 引き続き今週もけっこうなもんですが、がんばって乗り切ろうと思います。
いっそのこと、うるう週とかあると助かるわぁ。

2009年3月1日(日)

 今朝、お客様から突発故障の問い合わせメールを頂きました。
シビックEK9ですが、練習に行く途中エンジンチェックランプ突然点灯したそうで、点滅回数が17回だというのです。こりゃー大変だ!早速返信させていただきました!

----- Original Message -----
From: "exesports" <exesports@****.ocn.ne.jp>
To: <********@ezweb.ne.jp>
Sent: Sunday, March 01, 2009 10:00 AM
Subject: チェックランプ点灯について

私を降ろした後 角を曲がるまで 見送ると
いつもチェックランプ17回点滅
シ・ャ・ソ・ク・セ・ン・サ・ノ・コ・シ・ョ・ウ・カ・ハ・イ・セ・ン のサイン♪
きっと何年たってもこうして変わらぬトラブルで〜

未来予想図EK\



エグゼスポーツはいつでも皆さんの味方です。




目次

2009年3月ぶん