2008年8月31日(日)

 JAF関東ジムカーナ第9戦・モテギ北ショート応援観戦に行ってきます。
天気が微妙です。

2008年8月30日(土)

 扇風機の風に当たったまま寝ると死ぬ。子供のころから母に言われて、微塵も疑うことなく言い伝えを守り続けて43歳。どんな熱帯夜にあっても扇風機は天井に向け首振りにして、かつ、タイマーの併用は欠かさないのも、当たり前のように死にたくないからであった。風呂上りに扇風機に当たりながらうっかり寝てしまった時など、明け方の寒さに目が覚めて冷え切って硬直した体がけだるさと共に思うように動かず、危なねぇ死にかけた、と真剣に怯えたこともあった。しかしこのたびこの恐ろしい母の言い伝えは、実例と根拠に乏しい、いわゆる都市伝説であることが判明したのだ。
詳細はウィキペディア「扇風機の都市伝説」参照。

遺憾の極みである。しつこいようだが43歳である。
そして息子たちにもマジメに言い伝えていた。


明日はJAF関東第9戦モテギ北ショートの応援観戦に行こうと思います。

2008年8月29日(金)

 実習参加の皆様、お疲れ様でした。青空の下のドライ、曇り、小雨、雷、豪雨、川、池。全天候、水陸両用走れてよかったですね♪緩いカーブを全開加速中に突然襲われるハイドロスピンの飛距離はワールドレコードでした。ちょっと角度が狂ったら崖登って崖の上のグニャになるとこでした。
 ここ何年か、各地の集中豪雨の被害が頻発してるような。記憶に残るところだと、2003年全日本九州の直前に熊本で。2006年は関東地区戦伊那の直前で中央道が崩れてました。今年は全日本イオックスの翌週に砺波市で被害が。今月は隣の鹿沼市で冠水路に車が水没して亡くなった人がいました。そして昨日は愛知ですか。桃太郎電鉄よりひどいですね。
 2,3日前、福島県のSSパークでは日中にジャンパー着てストーブを炊いたそうです。その話を昨日の朝聞いた時、外では蝉が鳴いてました。お気づきですか?セミとコオロギのコラボです。なんか壊れてますね。

2008年8月28日(木)

 実習のためフライングの更新です。
お天気は雨の予報です。
たまたま休みの人、偶然昨日会社をクビになった人、倒産しちゃった人、やり玉にあがるのわかってる会議があるので出社したくない人、自由参加なのでご遠慮なく!
私と一緒に練習しましょーよー、ねぇ♪

2008年8月27日(水)

 全日本第9戦最終戦・九州の締切は週末の29日金曜日必着です。
お忘れなく。

 子供達の夏休みも土壇場です。断末魔あげながら宿題やってます。今日はポイ捨て禁止のポスター作りです。

 ポスターで思い出すのは、、、
その昔、天才画伯である私が描いた1枚を忘れることができません。

交通安全の標語をリストから選んで、その標語にあった絵を描いてポスターを作るという課題でした。

私が選んだ標語は

「かあさんが 出がけにいってた 気をつけて」

この標語を読んだ瞬間に、これしかない!というイメージが鮮明にひらめいたので、すぐに白いキャンバスに向かい自由に筆を滑らせたのです。


ポスターとしてのインパクト、主張、バックグラウンド、ディテール。

そして何より勝るその画力。





絶対の自信作でした。











展示期間の終わりを待たずして私のだけ撤去されていました。

ホントの話です。

2008年8月26日(火)

 問題のフリーターンですが、ちゃんと出来るようになりました!
失敗の理由もわかりました!
コツも掴みました!

(月曜日の夜に!)

 復讐 復習です。
そして今夜も反復です。
急な話ですが28日(木)に一緒に練習していただけませんか?
実習予定更新しました。

2008年8月25日(月)

 ビデオ解析の結果、正確には私の2本目は10.67秒で終了しました。ビデオにも収録されていますが、アナウンスとギャラリーのどよめきが凄まじいですね。実は運転してる本人にもよく聞こえてましたよ(笑)。それだけ期待して見ていてくれているんだなあと思い、なんだかうれしいです♪パイロン不通過直後に停車してバックミラーで前走者がゴールするのを確認してから、すみやかにゴールに向かって退場して私の第7戦は終わりました。
 昨年の浅間台も赤城氏の作った難度の高いコースを攻めきれず技術のなさを露呈しましたが、今年もやられました。スタートして5秒後に設けられたフリーターンはパイロン間隔が11歩弱で、車幅の約3倍程度。このフリーターンを往復でしなけらばならないという、私にとっては未知のものでした。4WDのほとんどが8の字を選択していましたが、FF、FRは8の字やオーバルや変形オーバルなど選手によって選択は様々でした。中には2本パイロンの中間に仮想パイロンを1本見たてて普通の360度ターンに挑戦する選手も3台ほどいましたがあえなく撃沈しておりました。また、私の1本目もそうでしたがオーバルで回るつもりが結局8の字をやらざるおえなくなるというケースも多々ありました。単にクリアーするだけなら助走距離を設ければなんの困難もないのです。しかしそれじゃ遅すぎて勝負にならんでしょ。速く走りたきゃどーぞ好きなだけギリギリ狙って下さい、と無言で語る2本のパイロン。その挑発に乗って、攻めるあまりの不通過やPTやバックギアーが続出しました。難易度とタイムが明確に反比例し、しかも見ているものにもそれが明確に伝わるという、実に巧みな設定でした。

そして、なにも進歩していない自分が情けなく思います。

2008年8月24日(日)

 2本目はフリーターンで勝負をかけて失敗しリタイヤしました。


飲んで寝ます。。。

2008年8月23日(土)

 5時です。おはようございます。
全日本ジムカーナ第7戦・浅間台に行ってきます。
気をつけていっといで。カシッ!カシッ!(火打石)
あいよっ。
おまえさん、必ず連絡おくれよ。
てやんでぇ、掲示板見やがれってんだ!
お、おまえさんったら・・・・(涙)

2008年8月22日(金)

 途中で見てるのがしんどくなって思わず、ここまで頑張ったんだ、銀でもいいじゃないか、とよぎったのは初めてです。それぐらい上野選手の400球の力投をはじめとする選手たちの頑張りが見ていて痛かった。それとも歳のせいだろうか、ずいぶん弱気になったものだ。感動よりも疲労と安堵が勝って涙が出なかったというのも初めてだが、今朝のテレビで上野選手の母親が「私たちの金メダルはあなたです」と娘に言った一言を聞いて、どわぁぁぁぁぁぁ。出勤が若干遅れました。あと、監督やコーチや恩師の話を聞いて、選手を育てるということについていろいろ考えさせられました。スポーツってどんだけ素晴らしいんだ!

 蛇足ではありますが、アメリカの2番バッター、背番号26のケイトリン・ロー選手がカワイイ顔して良く打って俊足で憎たらしいやら、やっぱカワイイやら。


「ケイトリン・ロー かわいい」の検索結果・・・765件


検索なんかしないで心のうちに留めておけばよかったと思います。

2008年8月21日(木)

 このほど被告人も弁護人もいない異例の欠席裁判が強制執行され、被告人は有罪判決を下されました。裁判長は妻、検事は長男、証人は次男。罪状はトイレットペーパーを無駄に多く使う罪。私が犯人らしい。

 どんだけ頑張ってんだよ!(涙)、女子ソフトボール!!
実は私、こう見えても社会人時代にソフトボール部にも所属していた過去を持つのですが、まぁそんな話は置いといて。エース上野は昨日の延長ダブルヘッダーで318球2試合完投しました。ケツが肉離れ起こしても不思議じゃないです。野球なら選手生命をかけた連投ですが、ソフトでも同じかもしれませんね。2試合ともまさに死闘でした。なのに文化放送のバカがオーストラリア戦の延長突入という大事なところで野球に切り替えやがって、あったまきました。仕方ないのでYAHOOのイニング速報見てましたが、もの足りないのよ!でも勝ってよかった。
 本日の決勝、憎きアメリカ戦は19:30から。3度目の正直となるか!?ちなみに予選のアメリカ戦、コールド負けは三味線です。ジムカーナの前日練習と似ていますね。

 あと、なでしこJAPANの3位決定戦も19:00から!
忙しいっす(^^);

男子サッカーは帰りのファーストクラスを女子チームに譲って・・・1週間前に帰国済み。

2008年8月20日(水)

 北京帰りのお客様に、プリッツ北京ダック味と土産話をいただきました。
9万人の観衆がひしめく鳥の巣の大歓声は、まさに鳥肌ものだそうです。あと、街のあちこちで見かけるトップアスリート達の引き締まった肉体はとても美しいと言ってました。ロンドンに向けて貯金しなきゃ、だって。私も死ぬまでに一度オリンピックを見てみたいです。生まれは東京オリンピックの年なので、できればオリンピック見ながら死ねたら帳尻合ってよいかもしれません。母は、私が女の子だったら中島五輪(いつわ)と名付けるつもりだったみたいです。恐るべき安易さです。

2008年8月19日(火)

 僕は野球が大好きで大好きでしょうがない。
次男の夏休みの課題、作文「僕の夢」の一節である。
今年も晩酌ついでにゴーストライターの役目を果たしました。

 カナダ戦で好投を見せた星野ジャパン・成瀬投手は小山市出身です。市役所や市内の公民館には成瀬を応援する横断幕がいくつも掲げられています。このまま快進撃をしていただいてぜひメダルを持ち帰ってもらいたいと思います。そして野球バカの次男は来年、成瀬の母校・桑中学校に入学します。いつの日か成瀬選手のように日本を代表する選手になってオリンピックの舞台に立ちたい。作文のつかみとしては、タイムリーヒット的な完璧な構成になったと自負しております。
 私も子供のころは作文や感想文が大の苦手で大嫌いでした。読書感想文や音楽鑑賞の感想文など1行も書けずに、結局あとがきやライナーノーツの抜粋をするという姑息な手を使って毎年しのいでいました。それがその後の情緒になんらかの影響を与えたとも思えません。単なるその場限りの苦痛でしかありませんでした。書けない、書きたくない、何も思うところがない、そんな子どもに無理やりもの書かせることの意味をいまだに見出せません。だからといって、たった一行、退屈でつまらなかったです、という率直な感想も学校では受け入れてはもらえません。
 次男は野球が大好きです。毎日毎日練習して、家の中でも新聞紙をガムテープで丸めたボールとプラスティックのバットで遊び、星野ジャパンを応援し、熱闘甲子園のビデオを食い入るように見て、一日の大半を野球で過ごし疲れて眠るのです。それでいいと思うのです。何もその思いを無理やり文章にまとめなくったていいと思うのです。私のようにあとがきを書き写すようなウソや、志しがないのにあるフリをしたり、そんなつまらない子供よりよほど立派です。でも息子は書かなきゃいけないと頭を抱えています。だから父はそんな無意味なこと、俺がさらさら書いてやると喜んで手伝います。
 昨年、なぜ親が息子の宿題を手伝う必要があるのか?と若い方に問われ、私は真意をはぐらかした覚えがあります。そんなものやらなきゃいい、というのは簡単です。息子が学校で怒られようが成績が落ちようが、知ったこっちゃありません。別に息子の学校での評価を上げようとして手伝うではないのです。そもそもそんな評価は全く無意味だということをよく知っています。学校での評価は並以上いりません。作文なんか書けなくたって、今はヒット打って好プレーしてくれればそれだけでいいのです。私が息子たちのつまらない宿題を手伝う本当の理由は、子供のころ無理やりウソを書いたことへの、半分は皮肉、半分はリベンジなのです。自由研究や作文など、夏休みの宿題を真剣に手伝う親が私の年代から急増しているのは、たぶん同じ思いの父親が多いからだと思います。8月31日が迫るあの夏休みにあれほど苦悩したことが、今はさらさらと出来てしまうことが愉快で痛快なのですよ。親や学校教育への皮肉、ウソを書いた自分へのリベンジなのです。子供にはありがたがられるし、結構楽しいです♪わかるかな?この気持ち。


 さぁ、今日は野球、明日はソフトボールです♪
息子と一緒に燃えるぞ!

2008年8月18日(月)

 ちまたでは還付金詐欺が横行しているようです。
お支払いいただいた税金の超過分を還付いたします。なお、還付の手続きにつきましては、かぼちゃ10個を今すぐこちらに送っていただいて・・・・。パンプキン詐欺?


 なぜか今まで恥ずかしくって人に言えませんでしたが、実は私、中学時代は卓球部に所属しておりました(>o<);映画ピンポンごときでは告白できませんでしたが、北京で愛ちゃんがあんだけ頑張ってるのを見て、告白する気になりました。どんだけだよ!
 卓球部時代の一番の思い出は、市大会で一回戦負けをしてやることなくてヒマだから、拾った針金にダンゴ虫つけて会場の三ツ沢体育館の前の噴水池で尺超えのニシキゴイを釣り上げちゃって、それを他校の生徒にチクられて担任の先生にぶん殴られたことです。ぜんぜん卓球と関係ありませんね♪どこまでやんちゃなんでしょ、自分。

 負けるとわかっているのに深夜の再放送を見て1点に一喜一憂し拳を握りながら応援してます。まるで乾いたタオルから一滴を絞り出すように稼ぎ出す1点の重さ。超高速ピッチのバックハンドの押収は人間の反応速度を上回るとも言われてます。ピンチのしのぎに強い韓国に対し、チャンスの活かしに弱さを感じた日本は銅メダルを逃してしまいました。でも父さんは嬉しかったよ。良く頑張った!
 ちなみに一挙手一投足がブルースリーを彷彿とさせる、メンチの女王・平野選手は栃木県出身です。しもつけ新聞のトップを毎日飾ってます。

 女子レスリングは、私が語ることもないでしょう。
ラジオで泣いたの初めてだよ!!

2008年8月17日(日)

 リズムに合わせて躍動する妻の姿を、夫は遠慮がちに視界の片隅に感じていたが、決してまざまざとその姿を見ることははばかれた。自分の視線が彼女を冷めた日常に引き戻してしまうのではないかと思ったからだ。日が暮れかけたニッサンスタジアムのサイドスタンド。その下段最後列から蒸したエネルギーに満ちた大観衆を見下ろし、風になびく麦畑のように揺らめく広大なアリーナの向こうには、鮮烈な光を無数に放ったステージがあった。観衆の全ての意識がステージの一点に集中していると思えば、その眺めはより一層の壮観さを増した。小指の爪ほどの大きさにしか見えない桑田圭祐の姿は、照明の明暗によっては見え隠れするものの、ステージ後部の超巨大モニターやアリーナ後部にそびえるタワーに設けられた巨大モニターにはその表情すら鮮明に映し出されていた。途切れることのないヒット曲のメドレーが空気の圧力となって押し寄せ、終始鳴りやまない7万人の手拍子と歓声がそれを飲み込み、まるでスタジアム全体が地面に埋め込まれた巨大な1個のスピーカーのように、街の灯りにほんのりと染まる夜空を震わせ続けた。

 当初、選考会議すらなかったメンバー選考から漏れていた私ですが、次男が友達とキャンプ行くことを選んだため、補欠繰り上げによりサザンオールスターズ・真夏の大感謝祭を見させていただきました。15年ぶりに見る熱狂的なライヴに圧倒されるより、普段決して見せることのない妻の躍動する姿に私は心揺さぶられました。見れてよかった。同年代のご夫婦には共感頂けるかな?

2008年8月16日(土)

 女子サッカーなでしこJAPANが大ブーイングの中、中国に勝って4強入りを果たした。どうも中国は国民あげての人海戦術的なイメージがある。バドミントン、卓球、柔道と、各会場はまるで代々木体育館で行われるバレーボールさながらである。まぁそれはお国柄だから仕方ないのだが、なぜかそこに嘘臭さが漂うのもお国柄か。胡散臭いというかインチキ臭いというか、それを人海の波に飲みこもうとする必死さがうかがえてならない。先入観と偏見であるにしろ、そういうイメージがぴたりとなじむのも東アジアの神秘である。
 さて、そんな中女子柔道78kg級でラスト11秒というところで塚田選手を見事な一本背負いで転がし金メダルをゲットした中国選手は見ていて鳥肌が立つほどのあっぱれであった。まるで背負い続けた人民の期待という重荷さえも投げ転がしたかのように飛びあがって喜んでいた。そして割れんばかりの歓声。彼女もまたチビのころからひたすら練習し続けていたんだろう。塚田選手は負けちゃったけど感動した。

話はやや変わるが、中国の女子選手の中には年齢性別の判別に困難を極める人がときどき見受けられるが、これもお国柄か?私の子供のころにはあんなおばさんが近所に沢山いたような。。。

 今日からレスリングっす♪

2008年8月15日(金)

 わかる人だけ共感してください。
日本の卓球男子Wは小さなはにかみ王子と男の浜口京子ペア。
タモさんのストラップもらえるかな?

 体操の内村選手は帰国したとき、なに王子になっているのか気になるところではありますが、子供のころからの月面宙返りが新月面宙返りになっていまだにフィニッシュのメジャーですが、今後もし新々月面宙返りというのが出来たら、伸身の新々月面宙返りというのもあるわけで・・・・。読者がシーン。


 今回のオリンピックは選手の顔のドアップが頻繁に思います。我が家はロービジョンTVですがハイビジョンで見たら飛び出た鼻毛まで世界同時生中継なんでしょうね。そんなドアップを見るたびに、その選手が小さな少年のころから泣き笑いながらその種目に打ち込んできたであろう姿を想像してしまいます。野球なんか、日本の選手も台湾の選手も、全員が今の息子の姿と重なってしまい、どっちも応援したくなっちゃいました。
 ところで台湾チームにチン・キンポウという選手がいましたが、女房とチンなのか金なのか棒なのかという話題で一瞬盛り上がりました。

2008年8月14日(木)

 柔三姉妹。雅恵(マサエ)、順恵(ヨシエ)、巴恵(トモエ)。
三女は軽くシャレだと思う。
女性アスリートの凛々しい姿に毎日圧倒されてます。
今日は!?男平200(11:03)の北島キターーーーーーー!

YAHOO!の北京五輪サイトはめっちゃ見やすいっす。

2008年8月13日(水)

 恥ずかしながら私、高校1年の時、体操部に所属しておりました。1年間だけです。大車輪がいつまでたってもできないので辞めました。男子部員は1年生だけだったので勝手気ままなお気楽活動でした。一度だけ公式戦に出ましたが、顧問があきれるほどの最低点をたたき出して、会場の失笑をかいました。アンマとかブランブラン腰振るだけでしたし、鉄棒とか蹴上がりしてフィニッシュです。K君なんか鉄棒から落下して静まり返った県立体育館に「やっべぇ〜」の奇声を轟かせていたっけ。青春の良い思い出です。どこが!?

 長男がみんなで勉強するとか何とか言って友達を3人連れてきましたが、中3ともなると全く可愛げがありませんな。おじゃましますでもなければ、こんにちはでもなく、しれーっとずけずけと人んち上がって、子供部屋に引きこもりました。頃合いを見計らっていきなり部屋を開けると、4人とも寝転がってマンガやDSやってます。勉強するんじゃないのか?と言うと、友達の一人がDSやりながら無愛想に「休憩時間っすよ」と一言応え、誰もこちらを向かず寝転がったままなのです。開き直るわけでもなく、ばつが悪そうにするわけでもなく、まるで大人の存在を亡き者にしようとするこの態度!!しかもタメ口!?

もうちょっとでキレそうでした。
もうちょっとでDSを取り上げて水槽に投げ入れて、マンガ野郎のドタマを踏みにじるところでした。

日本の躾はいったいどうなっちゃったんでしょうか。
ちなみにこの4人はいずれも学年でトップ10に入る成績の持ち主です。
いくら優秀でもロクなもんじゃありませんな。

夜、息子に会った時言っておきました。
次に連れてくるときは、気をつけろよ。。。
俺をキレさせたら友達なくすぞ。。。。  (阿修羅の形相で)

2008年8月12日(火)

 ついに58秒台に突入した100m平泳ぎ。あらゆる競技で世界記録が更新されるたびに、人類に限界はあるのだろうかと思ってしまう。人ってすごい。

 初めてフェンシングの試合を真面目に見ましたが、判定手法に西洋の合理性を感じずにはいられない。エレキを用いて突いたらランプが点き、判定が一目瞭然なのである。さらに試合中でも中断して即刻ビデオリプレイがあり、それを選手も観客も見れるという徹底ぶりである。これならば一目瞭然、簡単明瞭、完全無欠に無情な判定が行われる。副審を置き指導や効果、有効などの曖昧な、いわばグレーゾーンの判定が認められた日本の柔道とは大違いなのである。これも文化の違いなのでしょうか。

2008年8月11日(月)

 やりました!北京でも金ですが、私にとってはJAF関東さるくらで黒井選手が初の金を取った方が何百倍もうれしいっす!!おめでとうございます!!しかもしかもしかも、それに田中選手と両角選手が続いて、快挙、エグゼスポーツ・ワン・ツー・スリーで表彰台独占っすよ!!!SA1も赤田選手が初優勝っすよ!!!
ぬをおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!マジすごくね?

おめでとうございます!!!

祝!黒井・赤田・初優勝!!




 ということで今回は全国の皆さんにN2黒井選手をちょこっと紹介しますね。
まだ若いんですよ。今回3位に入った両角選手とKY’s(ケーワイズ)っていう新ユニット組んで精力的に活動しています。まぁ、この二人、単に空気が読めないだけなんですがね。どれだけ空気が読めてないかって言うとですね、はじめて公式戦(県戦)出た時はスピンターンノブだったってぐらいの読めなさっぷりなんですよ。オフィシャルにこれマズイよって言われて、ダメなんですか?って。その後エグゼに来ていただいて、冷却ダクトやらロアーアームバーやら、いらんアクセサリー取っ払って”なんちゃってジムカーナ仕様”からまともなN車両に変えたのですが、後にも先にもスピンターンノブでエグゼに来たのは彼しかいません。あと、ノースリーブです。
 さるくらの前に突然パーマを落としてストレートヘアーにイメチェンしてましたが、別に彼女も彼氏もできたわけじゃないみたいです。スキマスイッチの歌う方に若干似て、エグゼには珍しく男前です。おっぱいパブでも結構ノースリーブがもててました。
シーズンオフにKY’sで毎週SSP合宿して一生懸命、ノースリーブです。
昨日初優勝の報告を電話でもらい、ノースリーブです。
特にテクニカルが得意のノースリーブです。
学生時代はノースリー部・・・・。

今後ともよろしくノースリーブです。m(__)m





リザルト下さい。(12:00、いただきました)

2008年8月10日(日)

 求む!本日の地区戦さるくらの結果!!

ママでも銅。いいじゃないですか!感激したッス♪

2008年8月9日(土)

 昨日の暑さにゃ、殺意を覚えたよ。


 さて、グーグルマップのストリートビューでは完璧圏外のエグゼスポーツです。3年待っても来ないんだろうな。ちなみに横浜の実家はちゃんと映ってました。撮影は天井に全方位カメラをくっつけた乗用車がグーグルグルと走ってるようです。すでに、たちしょんはもちろんのこと、路上でキスする高校生カップルや、手をつないでラブホに入るカップルや、路上で爆睡中のホームレスさんが発見されてます。特に派手な競技車などは行動に細心の注意が必要です。お気を付け下さい♪

2008年8月8日(金)

 朝からセミが・・・・・・・・・_| ̄|○ 暑いんじゃ。

北京オリンピックは開会式を待たずしてサッカーがいきなり出鼻をくじかれました。


出鼻を


ペキン! って。




暑さのせいだと思えばいいじゃないか!!

2008年8月7日(木)

 高校見学会が8:00から始まることを、7:56に布団の中で気づいたバカ息子を高校まで派手めのFDで送ってきました。田んぼの一本道を列をなす女子高生たちをかき分け校門に横づけして、ピーナッツみたいな顔のバカ中学生を下しました。



俺も見学したい・・・・・・・。



いや、田んぼに囲まれた風景や制服の色や校舎のたたずまいが私の母校に似ていたもので、つい。

2008年8月6日(水)

 おはようございます。
今日はSSPで特訓なのにすっかりフライング更新を忘れてしまいました。テヘッ

ていうか、昨日思い出しました。テヘッ

ないしょにしてたわけじゃないって!

2008年8月5日(火)

 はい、ど〜も〜! (自分で拍手しながら)
今日は朝から土砂降リングでしたが気温はけっして低くなく、雨の中セミも鳴くわで、蒸し暑いわぁ。こういう日は車から降りたりコンビニから出た時に眼鏡がくもるから恥ずかしいわぁ。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・


なにも考えずに書き始めるとこうなるんですわぁ。


全日本第8戦・呪われた鈴鹿ラウンドの申し込み締め切りは今週の金曜日です。
出し忘れるなよ。

2008年8月4日(月)

 はぁはぁはぁ。本日、遠方から客様がお見えになって、私が嬉しくてって一方的にさんざん喋りまくったあげく、乗るはずだった電車に間に合いませんでした。先ほど小山駅まで送り届けてしました。新幹線と特急を使って5時間かかるそうです。1日仕事ですね。こんな辺境の地のボロガレージに・・・・ううぅ・・・・ありがたいことです。

 さて、昨日の茨木戦ですが、難易度の高いテクニカルコースでぶっちぎりのオーバーオールをたたき出した森田君♂はやっぱ変態でした。もう誰もかないません。私がどんだけ頑張っても1.6秒おいてきぼりです。次の全日本浅間台が楽しみです♪
 彼も1年ほど前まではイバチューで志賀野選手に負けると、変態だの宇宙人だの、イバチューを制する者は宇宙を制すだの、わけのわからんことを口ずさんでいましたが、すでにその領域に達してしまいました。まぁ、彼の場合もともとチューバッカですから宇宙人にジャワ原人の血が混じってることに変わりがないのですが、それにしても森田君♂の今の巧さは尋常じゃありませんな。見るからに早送り再生のようにEF8を走らせます。本番での弱さも微塵もありません。まさに天才無敵ングです。おぢさんは嬉しいよ、マジで。

 さぁ、エグゼリアンのみんなも、続け〜!!

2008年8月3日(日)

 6:00。本日茨木シリーズ第3戦、オフィシャル&クラブマンクラスエントラントとして茨木中央サーキット、通称イバチューに吉野家経由で行ってまいります。そういえば昨日の晩飯は七味をたっぷりかけた牛丼でしたが気にしません。ちなみに昼飯はタバスコたっぷりのパスタでした。本日の予想最高気温は33度で猛暑です。今朝の黄門様も猛暑です。辛いもの食べ過ぎた模様です。死ぬかもしれません。レーザーレーサー着てがんばります!!

ところで、8月1日のノートをなくしてしまいました。
たしか、テキトーな中身だったと思います。

2008年8月2日(土)

 北京オリンピックまで1週間を切りました!開会式のリハーサルをやったそうですが、どんなだろうと想像したら中国らしいイメージしかどうしても出てきませんでした。

ミッキーマウス(偽物)とハローキティ(偽物)とキョンシー(本物)がカンフーで戦うの。


全日本ジムカーナ第8戦・鈴鹿の情報はこちらです。
どうしてタイトルが呪怨っぽいのか疑問です。まぁ私にとっての鈴鹿は呪われたイベントみたいなものですが、それにしてもおどろおどろしいです。ついつい部屋を暗くして懐中電灯を顔の下から照らしてホラーっぽく読んでしまいます。いっそのこと画面に人だまでも飛ばせばいいのに。直線長かったら逆に呪ってやろうと思います。

そして早くも最終戦です。
全日本ジムカーナ第9戦(最終戦)・九州の情報はこちらです。
IN九州のロゴが上州屋の看板に見えてしまいます。今開いたらカウンターがたったの25です。今日でアクセス急増することは間違いないですね。「とびうめ」というのはビールに麦焼酎を混ぜて梅干しを落とした九州ならではの飲み物です。すっきりしてとても飲みやすいです。九州ならたいがいどこの居酒屋にもあるものなのでお立ち寄りの際はぜひご賞味ください。「とびうめ一杯くれっちゃ!」言ってみて下さい。

2008年8月1日(金)

 8月ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!オオガストでチェストーーーーッ!!
葉月里緒奈が23歳で衝撃ヘアーヌード写真集を出してもう10年が経ちましたが、個人的には二十歳の菅野美穂がNUDITY出版記者会見で流した涙がミステリアスで魅かれました。11年前の8月の出来事です。その後なぜ彼女はイグアナになってしまったのか。謎は深まるばかりです。
うーん、謎だ。(自分の思考回路が)

 話の腰を折るみたいですが、腰を若干痛めました。。。。 _| ̄|○


目次

2008年8月ぶん