2005年11月30日(水)

 衆議院国交委員会参考人質疑。どうしたもんでしょう。笑うところですか?
苦難やハンディを乗り越えて日々努力してる人、大自然の猛威に耐えながら知恵を使って共存しようとする人々、負けても負けてもあきらめないで挑戦し続ける人、どれも「一生懸命生きようとしている」わけで、それを見ることにより我々は夢を与えられ、勇気付けられ、感動することができます。

 昨日の国交委員会参考人質疑の面々もいまや社会から追及された手負いです。だから自分や仲間の立場や利益を少しでも守り社会的生命を維持しようと・・・場合によっては本物の生命の危機さえあると思う・・・一生懸命自己弁護し、責任転嫁をし、人の揚げ足を取り、巧みな言葉の解釈を駆使して生き延びようとしています。それをみて、あぁ、この人たちも一生懸命生きようとしてるな、とふと思ったのですが、、、そこには夢も希望も感動もありません。ただこっけいで憤りを感じるだけです。

 「一生懸命生きようとしている」ということは同じですが、さて、なにが違うのでしょう?私が思うに「一生懸命生きる」とは”生き長らえようとする”ことではなく、”命をかけて真っ直ぐに生きることを全う(まっとう)する”ことではなかろうか。彼らは自らが生き長らえようと人をおとしめる。その姿は、例え死のうとも俺は真っ直ぐに生きるんだ!とはあまりにかけ離れている。だからこっけいなんですね。彼らが守るべきものを全て失い不治の病におかされたとき、よほどのひねくれものでない限り全てを打ち明け真っ直ぐに生きてから死んでいくんでしょうね。
うーん、一生懸命生きるって難しいですね。
今日の話は奥が深いでちゅ♪(なぜにタラちゃん?)
(今回一連の関係者の中にも真っ直ぐに生きようとしている人がいると思いますよ)

2005年11月29日(火)

僕たち、別れよう。

なんで!?ほかに好きな人ができたの?

いや、そういうんじゃないんだ。

じゃー、私のこと嫌いになっちゃったの?(涙)

いや、そんなことないよ。

じゃ、何で!?(涙)

乗り飽きた。 バシッ! 痛っ!!
他のにも乗ってみたい。 バシッ!バシッ!  痛っ!!

あなたって、サイテー。(怒)

こういう理由でお別れするんじゃないですけど、3年間皆様に応援ご愛顧いただいた私のインテグラにこのたび買い手がつきました。m(_ _)m
2003年に初めてのインテグラで成り行きで全日本を追うことになっちゃって、あっという間に3シーズンを過ごしてまいりましたが、ココですこしお休みして全日本ジムカーナを外から見てみようと思います。正直申しまして「疲れちゃった」ってのが一番率直な気持ちです。今年の最終戦が終わって全日本でトップ争いをするという行為にウンザリしてましたから。。。でもね、やっぱり全日本は他では味わえない最高の面白さがありました。過去の参戦記を読み返すと生き生きと燃えてる自分が思い出されます。参戦記書いててよかったなぁとつくづく思いますよ。またいつかこのような気持ちで全日本に復活しますからそのときはまたよろしくね♪
インテグラでの最後の公式戦は今週末の千葉フェスです。
涙で前が見えないかもしれ・・・うっ、うぅぅぅ。


エグゼスポーツ!インテグラを応援いただいた皆様、一緒に走ってくれた皆様、
あざーーーーーっす!!!

2005年11月28日(月)

お宝鑑定団。ヒューザーの小嶋社長がちょっと昔「歌うパイロット 嶋 進太郎」だったころの「温海慕情」「庄内温海小唄」の2曲を収録した音楽カセットのお値段は。ガチャガチャピン!
1本 時価 71,000円也 (26日ヤフオク落札価格)
えぇぇぇぇぇぇぇ!!買った人は賢いのでしょうか?そうは思え・・・(以下自粛)
どっから金が出ようとも、早く買い戻ししてくれるといいですね。


買っちゃったよぉぉぉぉ!!今年もFM79.5ラジヲショッピングで
タラバ×3 + ズワイ×3 = 10,500円
目にも止まらぬ速攻リダイヤル&リダイヤル攻撃で100セット分の1をゲット!(^o^)/
(ホントに100セット限定かどうかは不明)
やるぞ!ココでカニフェス、ヤ・ル・ヅヲォォォォ!!
ということで、2週間後を待ちわびるがいい♪

2005年11月27日(日)

”借金の重み”体感できる子供向け「感どうする経済館」オープン!(東京タワー4階)

 3畳1間の部屋、裸電球がぶら下がるその下で丸い小さなちゃぶ台を囲む母と妹幸子と僕。その傍らには布団のなかで時折咳き込む父が寝ていた。母はちゃぶ台の真ん中に置かれた縁が欠けた小鉢に入った一丁の白い豆腐に醤油をたらす。オカカもネギものっていないその豆腐に箸を十文字に入れて四つに割ると、たらした醤油が皿にたまった水を濁らせた。「今日もこれだけ?」といってそのうちの一片に箸を伸ばす僕。母がうつむきながら「ゴメンね、角の豆腐屋のおじさんがくれたんだよ」といって肩を震わせながらすすり泣いた。僕の箸が母の言葉で止まり行き場を失ったとき、妹が「私、この半分でいい。今日美代ちゃんちでおやつもらったから」といい一片の豆腐をさらに半分に割りながら「私の半分おにーちゃんにあげる」といった。僕は急に悲しくなって、みじめになって、自分勝手な自分が恥ずかしく思えた。「幸子ありがとう、でも僕はいらない。僕よりとーさんが食べなよ。そうすればさ、とーさん早く元気になって仕事もできるようになって、美味いものいっぱい食べられるようになるからさ」せーいっぱいの強がりだった。母はずっとうつむいて時折涙を前掛けで拭いていた。布団のなかでかすかな嗚咽を漏らしながら父が寝返りをうち僕たちに背を向けた。箸がとまったまま皿にたまった醤油色の豆腐の水がさっきより少し増えた気がした。
 カッ、カッ、カッと靴の音が近づく。またあいつが来た!妹は飛び跳ねるようにすぐさま僕の横に寄り添ってきた。母は素早く立ち上がると電球のスイッチをひねって電気を消した。一瞬真っ暗で何も見えなくなった。妹のホコリと汗の混じった髪の臭いが僕の顔の前で漂う。すぐに目が慣れてきて外の明かりで部屋の中がかすかに見えるようになった。母の目と妹の目と豆腐がわずかな光を反射した。僕はとっさに豆腐の皿をそーっと両手ですくい、ちゃぶ台の下に隠した。なぜそうしたかわからないが、そのときはその豆腐がものすごく大事なものに思えた。
カッ、カッ、カッ。足音が入り口のドアの前で止まり、ドンドンドンドン!!とドアを乱暴にノックする。僕に寄り添っていた妹がその音で一瞬ビクッとし僕の右腕にしがみついた。心なしか震えている。いや、僕が震えているのかもしれない。ドアの向こうの影が「また居留守か、オラッ!」とドアを蹴飛ばす。「カネェ、返してくんなきゃ困るんだけどなぁ、アン!」今度は2回蹴飛ばしたあとドアノブをガチャガチャと激しく回し、また蹴飛ばす。妹がしくしくと泣き出した。母は僕たちのところにそーっと近づいて二人を両手でしっかり抱きしめてくれた。僕はドアを凝視しながら母のぬくもりを感じていた。金持ちになってやる。借金なんて絶対しないぐらい金持ちになってやる。金持ちになって僕たちを馬鹿にしたやつらを見返してやるんだ。そう心でつぶやいたら自然と涙が頬をつたった。その涙が母の前掛けにまたシミをつくった。

てっきりこういうリアルな体験ができるアトラクションでもあるのかと思っていたら
「与謝野経済財政相と竹中総務相、安倍官房長官は、1分間に増える政府の借金6500万円分のお札に相当する6・5キロ・グラムの「借金リュックサック」を背負い、「予想以上に重い」と“借金の重み”を強調した。」

借金の重みって、そのまんまの重みかよ!!
金持ちの政治家が考えることって、、、_| ̄|○
私が考えることも重過ぎると思うけど。

2005年11月26日(土)

歯医者に行ってまいりました。
ピンクのナース服の歯科助手のおねーさん・・・


たったこれだけのことで期待がムクムクと膨らむ感じ、するよね。そこの男子!!


マスクで顔の半分を覆い、見えるのは目から額までと喉元と足元だけなんですけどね。キレイに見えますよね〜。スキーウェアーだと女子はキレイに、男子はカッコよく見えるトラップに似てますよね。誇大妄想シンドロームです。

 さて、私はそんなピンクのナース服型の布にやわ肌の大半を覆われた娘ごときの攻撃には動かざること山の如しでございますが、さすがに0.1mmのゴムを介しているとはいえ己の舌先に乙女の指の体温を感じるとなると動かねぇ山も奥底のマグマ大使が目を覚ますちゅーもんでして。しかも彼女、まだこの仕事に慣れていないのかその状態でいつまでたってもコリコリコリコリと上下左右から攻め立てるものだから、私も大人の男らしく反撃に出たわけですよ。


舌先で彼女の指に「の」の字を描いてやりましたよ。ふっ。


」←実物大
大人のマナーとしてひかえめに。

2005年11月25日(金)

とりあえずてきとーに誤魔化しといて、とか、とにかく安くしろ、などというオーダーなんかは昔取引のあった数社の中古車屋からうんざりするほど聞かされた。ひどいのになると外人の小遣い稼ぎを引き合いに出してタイミングベルト交換が8千円だのいうものだから、じゃーそっちに頼んだほうがいいんじゃないですかといって切り捨てた客(中古車屋)もあった。当然同時交換部品のことなんか完全に無視してベルト交換と言われればベルト以外、プーリー1個替えてはならない。たまたま他の不具合を見つけて修理を提案しても、すぐに壊れなきゃいいから眼をつぶれとなる。その中古車屋も金が惜しい。その車を買うユーザーも破産したばかりだったり借金だらけだったりで金が惜しい。金が惜しいもの同士がセコイ取引をやり合って、結局いい加減な商品は黙認の合意の上に流される。大きな会社のサラリーマンには理解しがたいかもしれないが、そういうレベルの低い世界が世の中の大半だと私なんかはつくづく思う。
今はおかげさまでそのような荒んだ仕事は全く請けずに済んでいることが幸せだと感じ、お客様には心から感謝する次第です。
確かにやってはいけない事に手を染めた建築士だがそういう腐った世界から抜け出せなかった苦悩もわからなくはない。私も決して強くないがこの建築士も弱いな。

2005年11月24日(木)

此の世に生あるもの全てに唯一平等に訪れる死。植物も爬虫類も人間も、いい人も悪い人も金持ちも貧乏人も、生きているものの全てはやがて死ぬ。なにをどうあがいてもこればかりは避けようがない。生まれるということはやがて死ぬということなんだな。それが少しばかり長いか短いか、人類の歴史から見るとごくわずかな誤差のような時間でしかないわけだが、でも生まれたからにはその短い時間のなかでより長くより一生懸命生きようとするものだ。
今月、ガンの告知をされた義父が昨晩私にいった。毎日めまいと吐き気に気力を奪われ、生きるための最低限の意欲である食べることでさえがんばって食べている。睡眠薬の力を借りて眠っているときが一番楽で、いっそのことこのまま目がさめなければ楽なのになぁと思う。みんなが「がんばって」と言うけれどがんばる気力がない。だから私は「がんばらなくっていいから」といったら義父は笑いながら「うんうん、オレはガンとは戦わないから」といった。この先どのように生きてどのように終わりを迎えるのか。独特だが多くの考え方に共感できる義父の行く末を見守りながら生きることと死ぬことについて私も家族も学んでいこうと思います。
暗い話じゃありませんよ。冒頭にも書いたとおり誰にでも訪れることですし、何より孫も三人いて人並みのことはやり遂げてきた人ですから。
義父の考えのひとつに、「死んで悲しいと思うのは生き残ったものの勝手な思いで、死んだ本人は死んでしまったのだから悲しみさえない」
なるほど。


50万ヒット!!

ありがとうございます!!!


茨城県在住のお客様が見事踏みました!パチパチパチ(^o^)/

50万を踏んだ茨城在住の方から
モニターを撮影した証拠の写真を送っていただいただきました。





確かに500000です!


リアルです。
なにがリアルかって



更新ボタンの上にポインター置きっぱなしってのがリアル過ぎて。(爆)

2005年11月23日(水)

今日は関東N3オールスターっていう練習会が関越であるので参加してきます。来年の全日本第1戦が関越ということもあり他地区から全日本ドライバーの参加もありーので結構な台数が集まって本番さながらの熱いバトルと和気藹々の楽しい練習会が同時に楽しめちゃう画期的な企画じゃないですか!私はMR2でムキになって走ろうと思います。それこそムッキィィィィィ!!!って。よろしくね♪
そうそう、ついでに来年のレギュレーションについてちょっとした画期的提案をしてこようと思います。関東のN3だけに限っての話なんですけどね、実現すればかなり面白くなると思うんですよ。最初は関東ローカルルールって扱いになると思うんですけどゆくゆくは全国に波及してスタンダードになればいいかなぁって。こんな私でもジムカーナをより楽しくするためのお手伝いができたらなぁって。エヘッ!


提案です!!(胸を張って)


SWも255タイヤありってのはどう?エヘッ!!(満面の笑顔で)


・・・・・・


「このあとメシ食いに行くけど一緒に行くひとーーーーっ!?」
「おっ!いくいく」「オレもいく!」「どこ行く?」「なに食う?」


無視するか。。。するよね。


ということで
全国のSW乗りの諸君、安いタイヤで来年もがんばろーぜーーーーーっ!!!
(オォーーーーーッ!!)

2005年11月22日(火)

さささささ、さぶい。最低気温が氷点下の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。私のさくらんぼのような愛くるしい唇が関フェスで紫外線に晒されたおかげでガサガサに見苦しくなったので、昨晩近所の大型薬局店でリップクリームを買って塗りこんでます。薬局のレジに並ぶとき他のお客さんが女性ばかりだと妙に気を使いますよね。私の前の若い彼女がなにを買ったかなんて見ちゃいけないんじゃないかって気を使って、あっ、ぜんぜんそんなの興味ないですからって天井の穴でも数えているうちに、レジのオネーさんが彼女の商品を紙袋に入れる音だけが聞こえて耳がでっかくなっちゃったぁぁぁ・・・ほぼ一方的にキマズイ。
逆の立場もありうるわけで、薬局のレジは男女で分けたほうがいいと思う人。
は〜い♪

2005年11月21日(月)

関フェス観戦、楽しかったです。お客様の勇姿はバッチリ見させていただきました。表彰台のてっぺんで「関フェス・フーーーーーッ!!」と腰を振りながら雄叫びを上げる姿はまさに神々しく眩いばかりばかりで ス・テ・キ・♪
 最近、エグゼの周りの風紀の乱れを一部で指摘されていますが、否定しません。
(はい、笑うところですよ)
表彰式の写真をちょっとだけ撮りましたので紹介しますね。






NTFクラス2位 バネじーさん
(後)1位 さいとーさん





NTRクラス 3位 やまざきさん






B1クラス 2位 若メンさん






N2クラス 1位 ↑HGさん






N3クラス 2位 さんごさん






中間計測クラス 1位 絶叫さん






マツケンサンバクラス 1位 私




皆さん、おめでとうございます。1年間お疲れ様でした。
来年の更なるご活躍を期待しています。

2005年11月20日(日)

コーナーリング中はわずかな荷重移動を上手に使いましょう。
原則的にフロントタイヤに100%の仕事リアータイヤにも100%の仕事を与えます。 そのためには、コーナーの進入つまりステアリングを切り始めたときから荷重移動の調節をすることが肝心です。 特に前後方向の荷重移動が大切でこの調節にブレーキとアクセルを使います。 このときの荷重移動は思っている以上に繊細で微妙なわずかな荷重です。前後の荷重配分を55:45にするのか50:50にするのか58:42にするのかこの微調節が前後のタイヤに均等な100%の仕事を与えることになって最速のコーナーリングができるのです。 ですからクリッピングからアクセルをガバッではせっかくのフロントタイヤの荷重が抜けてグリップが落ち最速コーナーリングになりません。 車のセッティングや癖にもよりますが DC2の場合、おおかたフロントに若干の荷重を乗せた状態でタイヤが最大の仕事をします。 エンジンブレーキだけか、ペダルに軽く足を乗せるだけのブレーキングでこの状態が作れます。ですからクリッピングまで軽くブレーキを残したり エンジンブレーキだけでクリッピングに近づいたりするわけです。
ブレーキ→ハンドル→アクセルの順番で操作しますが 各操作が独立してはいけません。必ずオーバーラップさせましょう。 ハンドル→アクセルのオーバーラップはたいがいできますよね ポイントはブレーキ→ハンドル、つまり進入です。ハンドルを切り始めたらブレーキを緩める もっときったらブレーキペダルに足を乗せるだけ クリッピングに到達直前はエンジンブレーキだけでダ性で近づき クリッピングからアクセルペダルに足を乗せる。 このときアクセルを踏みすぎてはいけませんし 踏みすぎてアンダーが出ないならその手前が遅いと思ってください。 40キロなら40キロのアクセル開度に一発でピタリとあわせる必要があります。 加速も減速もしない。 一定速一定ダカクの定常円に一瞬で移行できるように練習しましょう。 出口のラインが見えたらハンドルを戻しながらアクセルを踏み込みますが ハンドルを速く戻すならアクセルは速く踏み込む(比較的ガバッ) ハンドルをゆっくり戻すならアクセルはゆっくり踏み込む。 1ソクなら加速力を生かして前者、2ソクならコーナーリングスピードに期待して後者(加速力はあてにできない)。
まー思いつくままいろいろ書きましたが 要するに外側の2コのタイヤがどっちも最大の仕事をするように前後のバランスを微妙に調節しましょう。 ということです。 私より遅い進入速度で曲がりきれない人がいます。 これは、フロンタイヤばかりに仕事させてリアーが遊んでるから。 私より遅い進入速度でスピンする人がいます。 これは、リアーばかりに負荷をかけすぎてフロントが遊んでるから。 ということです。
最後に、ゴールタイムを1秒縮めるのは簡単です。 全部のコーナーで0.05秒縮めればいいのです。 つまりたった一個のコツで次のレベルにジャンプアップできます。 このわずかだが重要で誰もができるもんじゃないコツをぜひつかんでください。

2005年11月19日(土)

冬はカチカチ、夏はフニャフニャ、これなーんだ?低反発枕。あのしっとりとした沈み込み具合とフィット感が売りの枕ですが、夏と冬とでこうも硬さが変わっていいものでしょうか。私的には今が旬です!今を逃すと来年まで安眠はできないと思え!!って枕に旬があっていいのでしょうか。
震度5で倒壊の恐れのある建物を設計しちゃった設計士がインタビューに答えている映像を昨晩見ましたが、たんたんと客観的に真実を述べているであろう様子に、この人も魔がさしたんだろうなと思いました。本当はいいものを作りたいのだろうけど、顧客のプレッシャーに流されいつしかニーズを履き違えてしまったんでしょうね。なんともあわれな感じです。あと、事件とは関係ないですけど、全然関係ないですけど、その映像を見てもうひとつ気になったことがあったんですよ。ホントはこんなこと書いちゃいいけないんでしょうけどね、この人、ひょっとして、ズラじゃね?


朝からお越しいただきお待ちいただいたお客様の仕事が終わって一安心のひと段落でございます。コーヒーすすりながら、くぅちゅぅ〜・もとやぁぁぁぁ・ちょぉ〜っぷぅぅぅ〜(空中元彌チョップ)の動画を見ましたが・・・笑止。
しかしエンターテイメントしては素晴らしい!!
ついでにインリン様とHGの試合も見ましたが・・・笑止。
しかし、変態ショーとしては素晴らしい!!
高田総裁の「ちびっ子も見てるんだから」ってのが一番面白かった。


叶姉妹って、異母姉妹という設定のユニットなんだって、ショーーーック!
当初は三人姉妹という設定だったんだって!!
姉は昔は杉本エルザだったっんだって!!!誰それ??


明日はいよいよモテギでJMRC関東フェスティバルですが私は土手でカーニバルです。今日カーニバル用の食材を仕入れなくっちゃ。ビールよし!七輪よし!木炭よし!運転手さんよろしくお願いいたします。
選手の皆さんは今日から練習ですね。がんばってくださーーーい♪

2005年11月18日(金)

毎日誰かが刺されてます。
刺す行為が問題ではなく命を奪おうとする意思が問題です。
そういう意思を持った人間が今の日本にはゴロゴロしてるっていうことですよ。自分の周り近所にもいるかもしれません。充分な愛情を受けれなかったり、周囲に認められず疎外されたりしながらやがては気持ちが醜くゆがみ、暗い部屋で沈みきった現状から這い上がる計画を練っては達成したときの妄想にふけり、虎視眈々とその機会をうかがっている人間が今も誰かの隣にいるんですよね。怖いですよね。
町田で女子高校生が同級生に自宅で殺された事件の動機は「気になる存在だったが冷たくされたから」という愕然とするものでした。今日の記事に口論になったとありましたがどこまで一般的に言われる口論をしたんだか疑わしいものです。そもそも他人の家に黙って侵入してきたんですからその時点で侵入された側には議論する余地はないわけです。あまりに全てが一方的で亡くなられた子にしてみればほとんど意味がわかってないと思うのです。結局は自分のことしか考えられない、人を哀れんだり慈しんだり、痛みに共感したり、そういう能力が著しく劣っているわけです。奈良で小学生を誘拐して命を奪ったあの忌まわしい犯人も、親に毒をもる娘も、程度は違うが自動車ドロボーも同じ欠陥がある。でもね、完璧な人ってのもそうそういないものです。過去の自分を振り返ってもキワドイ発想や行動が思い当たるわけです。あー、あの時一線を越えなくてよかったなぁとハラハラするようなことも誰しもあるはずです。結局程度の問題で境界線を越えるか踏みとどまるかの差でしかないように思うわけです。そのように考えると大事なのは、そこまでしちゃーまずいんじゃない?という境界線が自分の中にあって、それが世間一般が認める境界線とほぼ同じであってそれを一生守り続けられるかどうかではなかろうか。狭い世界に閉じこもっているとこの自分の境界線と世間の境界線とがズレるしズレたことに気がつかないんだろうね。

2005年11月17日(木)

おはようございます。
昨晩解禁ボジョレー・ヌーボーのヌーボーってこっけいですよね。ヌーっとしてボーですから毎年つぶやきシローを思い出します。
さて、昨日からここに書き込みするようにしましたが、新しい文を前の文の下に追加するか、上に追加するか悩んでおります。昨日は新しい文を下に追加したんですけどこれだとページを開いただけではわからないんですよね、ペーイチにーさん。どうしてなんだ?ページ。下にスクロールしないと書き足されているかどうかわからないじゃないか、ペーイチにーさん。なるほど!じゃぁ今日から上に新しい文を書き足してみるよ、ページ。でもね、それだとあとでまとめてみる人が古いものから順番に見るのにめんどくさいんだよ、ペーイチにーさん。じゃぁどーすればいいというんだ、ページ。それはね、僕達の名前がヒントだよ、ペーイチにーさん。ページ、ペーイチ、ページ、ペーイチ・・・・この名前からタウンページが思いつくとは到底思えん。話は戻って、掲示板は新しいものが上っていうのがスタンダードですが、そのログを書庫に保管してあとでまとめ読みする場合は逆に上から時系列のほうが読みやすいわけです。うーん、めんどくさい。(これが結論)


心肺停止状態の救命措置として人工呼吸と心臓マッサージは必要不可欠です。いつなんどきこれをしたりされたりするケースに遭遇するやも知れません。いつでもどこでもすぐにできるように備えておきたいスキルです。特に歯磨きには神経質です。私は遠い過去に一度訓練しただけなのでうろ覚えですがだいたいこんな感じだったかな?と頼りないながらも日夜身構えているしだいです。とりあえず吹き込んで押しとけ!みたいな。
小6の息子がテレビでこの方法を見まして、女房に「私がこうなったらやってね♪」と頼まれましたが息子の答は「えぇ〜、いやだよ」「キモイよ」

「だってオレ、ウジだって触れないんだよ」

と、しかめっ面でいったそうで、女房、泣いてました。
助けてくれないことより、ウジと比較されたってことに泣いてました。
私ももらい泣きっちゅーもんです。
(翌朝真剣に謝ってましたが遅いです)


日曜日にモテギマルチで行われるJMRC関東フェスティバルのチケット(ゲストパス3枚、車両通行証1枚)をKOYOさんから購入し送ってもらいました!!今から観戦が楽しみです。参加のお客様がいつも以上の実力が発揮できますよう今から祈っておきますね。
千葉フェスも申し込まなくっちゃ。今年は自分のインテでパイロンマイスターさんと勝負、かな?こちらも楽しみです。あっ、私のインテを貸す人の走りも楽しみです♪

2005年11月16日(水)

ふっかーーーーーつ!!(^o^)/
皆さん、さびちー思いをさせてごめんなさい。
このたび多方面から掲示板どうしたの?って問合せが約じゃなくて明確に5通きましたが、微妙だよね、5通って。まぁその5通の差出人には今夜エンジェルが舞い降りるとしてだな。早く復活して!そうじゃないと私、私、生きてゆけないの!!とか、毎朝の「おはようございます」を読めないので役立たずのパソコンをぶっこわしてやりましたよとか、身悶えながら薄化粧して待ってます!とか、そういうメールは明確にゼロ。うっきぃぃぃぃぃぃぃ!助けてください!!って南東北の中心で断末魔なわけですよ。だから大方のはかない期待に背を向けて今日からココにかきますね♪で、掲示板どうしたかって?あのですねぇ。後先考えず一時停止ボタンをクリックしたらですね。

復活の仕方が、わかんなくなっちゃったぁぁぁぁぁ。ぐはっ!!

現在teacup様に問い合わせ中ですが、無料掲示板のことなんかシカトかよ!!というヨカンも未だ返信が来ないという事実から捨てきれず、50万ヒットを目前にまたカウンターがゼロスタートって言うのも完成間近のドミノをゴキブリに倒されちゃったみたいで悲しいので、この際50万ヒット記念もかねてリニューアルしちゃおーか!?うんうん、やっちゃいな、やっちゃいな、やりたくなったらやっちゃいな♪(伊予とキャプテン)的な極自然な流れでこうなったわけです。えー、さてー、すでにお気づきの方もいるかと思いますが、トップにこれまた4世代前を思わせるしょぼいカウンターがついてます。このしょぼさにしてすでに吐きそうなぐらい苦労したってことはないしょですが。最後に記録した494,828から仕切り直しです!やりますよぉぉぉぉぉ、50万ヒット切り番企画!!詳細は以前掲示板に書いたとおり↓
50万ヒット切り番企画 投稿者:エグゼ  投稿日:11月 9日(水)09時49分24秒
さぁ、恒例となりました切り番企画です。
あと1週間もしないうちに50万ヒットしそうでございます。
1年半で50万ヒットとは当初の予想をはるかに上回る好評っぷりでして、皆様の日ごろのご愛顧にはホント感謝感激雨あられでございます。
そこで、カウンター500000を期せずして踏んじゃった人には
2005年の私の華麗な走りを余すところなく収録したビデオCDをプレ・・・
をいをい、引くなよ。×クリックするなー!!
ということで、今回もふるさと小包1万円分プレゼント♪
といういつもどおりの企画力の乏しさをさらけ出だしつつ、
キャモーーーン・エベバディーーーー!!
さぁ〜、がんばれ!自分!がんばれ!女房!

抜け目ないよね。ちゃんと保存してるところがにくいよね。ちっとも詳細じゃないけどね。では、今後もごひいきに。m(_ _)m
久しぶりなのでテンション高めです。


※提供しているカウンターは携帯端末での動作を保証していません
だって。ごめんなさい。(汗)


午前中は宇都宮に車検に行ってましりました。相変わらず税金納付窓口のお嬢さんは目がさめんばかりの美しさでございます。いっそのこと全国の納税窓口がこのような美女で埋め尽くされればかなり気前よく太っ腹に納税できるのではないかと思うわけです。しけた顔してしぶしぶお金を出すなんてみっともないことできるかーーーーッってな勢いで、あわよくば増税しなくてもチップで国の財政をまかなえるんじゃないかな!!
まぁまぁそれはないにしても国として納税者にそのぐらいのささやかな癒し系サービスをしてくれてもねぇ。この際モデルとエアホステスと納税窓口嬢は同等の社会的ちやほや度を有する職種に構造改革!うん、まずはそれやろっ。


認印ってなにを認めたことになるんでしょうか?
他人の住民票をもらいに市役所にいったら、本人の認印が必要だといわれ発行を断られたので市役所の目の前の文房具屋で認印を買ってわずか5分後に戻り、今度はすんなり住民票をもらってきました。最初はもらえなかった住民票がもらえるようになった背景には、市役所前の文房具屋の今日の売り上げが315円増えた、という事実しか見当たりませんが、いかがなものか(笑)。もうちょっと有意義なルールにしていただきたいと思いますよ、まったくもー。




目次

2005年11月ぶん