(レポート7「サイドターンできますかA」への質問)2003年7月7日
> インテグラTypeR(DC2 00spec)でジムカーナを楽しんでいる者です。
> 研究会レポート、大変参考なります!
>
> 7「サイドターンできますかA」を読ませていただきました。
> 私のサイドターンのイメージは、フロントタイヤ近辺を中心として
> 回るものだと思っていました。そのせいか、立ち上がりで他の車と比べて遅いので

> んでました。
> そこで、ターンの中心をホイールベースの中間に持っていくように練習しようと
> 思っているのですが、「サイドターンできますかA」の中で
> サイドを引く直前の車の状態で「A大きい蛇角」とありますが、
> 具体的には、ハンドルをどれくらい回せばいいのでしょうか?
> (私は、180°位だと思っています)
>
> それと、Fタイヤ:RE55S(TT)、Rタイヤ:RE55S(TR) を
> 使用していますが、リアタイヤがロックしづらい為、現在リアの空気圧を3.2キ

> としていますが、これは間違ったセッティングなのでしょうか?
>
> 以上2点の質問にお答え頂けないでしょうか?
> よろしくお願いします。

(回答)
ありがとうございます。
このような反応があるのは、書いてるものにとって非常にありがたいです。

アプローチでのハンドルですが
私はいっぱい切っています。
ロック寸前までです。
レポート6「サイドターンできますか@」の3個の絵に秘密がありますが
図2と図1はフロントタイヤから旋廻中心までの線がどちらもフロントタイヤに対し
て直角です。
つまり、フロントタイヤは完全グリップと言うことなんです。
図2で蛇角を減らすと、中心までの線は左回転して旋廻中心点がフロントタイヤの横
に移動します。
わかりますか?
チョン引きサイドは、Rに応じて蛇角を調整しますが
180度以上のターンはいっぱいきってます。

リアータイヤの空気圧は正解?です。
厳密には「それもあり」という感じです。
RE55STRは非常にグリップが高いです。
特に、夏場は顕著になると予想しています。
全日本スナガワのレポートにもあるように
私も2.8Kまで上げました。
去年のEK9は3.5Kが通常でした。
いろいろ試してみてください。
注意点は、コーナーリングの挙動とのバランスを極端に崩さない範囲です。
わかりやすく言うと、リアータイヤでコーナーリングスピードを決めてしまってはN
G(範囲外)です。
範囲内でしたら、FFのリアータイヤの空気圧はこうじゃなきゃダメというものはあ
りません。
以上、回答します。
研究会レポートQ&A
(レポート9「引き出したくさん」へのコメント)
エレガントスポーツアジュール代表川村様より2003年7月28日
いつも、楽しく拝見しています。
より実践的で、解り易く、さすがエグゼさんの
人柄が反映されてますね。
ところで、私もよく「引き出し」という言葉を使いますが、実際の私の
引き出しは、それほど大きくありません。
というか、自分の引き出しはいつも1つなんです。それも、
とっても小さい!
ただ、開けると、中身が微妙に変わっているという感じです。
まあ、これは私が、コツコツと長い時間をかけて作った、どらえもん
のポケットですので、言葉で説明するのは、難しいのですが・・(汗)

沢山の引き出しを作ることは、とても大切なことだと思います。
でも、1つ1つの引き出しが大きくなりすぎると、引っ張り出す
のに時間がかかり、意味が無くなってしまうこともあります。
というか、邪魔になることも。

なるべく1つの引き出しをコンパクトに!
そして解りやすく!
これ、引き出し作りのポイントだったりします♪

この研究レポートを読むと、エグゼさんの速さの秘密が
良く解ります。
ほんと、うちのショックもエグゼさんに可愛がって貰えて
幸せだと思います!
ありがとうございます♪

(回答)
非常に貴重なコメントありがとうございます。身が引き締まる思いです。
コツコツと長い時間かけて作り上げること。
常に整理整頓して原則的本質にたどり着くまで、僕も修行します。
ありがとうございます。
(レポート16「緊張って克服できる?」へのコメント)
私の場合は 投稿者:@大師匠  投稿日: 1月 9日(金)14時23分59秒
緊張して当り前だと考えています。
その緊張を楽しむようにしていました。
その内に、緊張しているのか?そうじゃないのか?
解らなくなって来ちゃいました。
ただ、1つ言えることは「平常心」なんて意味がない
と思います。
バンバン緊張して、ガンガン気合入れて、その中から
エグゼさんがおっしゃるように色々なことが見えてくる
んだと思います。
いきなり「薄っぺら」になっても中身が無ければ意味が
ありませんから。
キンチョー 投稿者:最下層きくりん  投稿日: 1月 9日(金)16時16分43秒
僕はどっちかというと緊張を強いられる場面の方が、普段出来ないことができちゃうタイプかもしれません。
もちろん「胸の鼓動はドキドキ、目先はクラクラ、負けそう負けそう♪」な状態になりますが、得てして「もう止めて逃げ出したい!」くらいになった時の方が、経験的に成績がいいです(笑)。
#最近はそうならないから成績が良くないとも言う(T_T)
「もう止めて逃げ出したい」状態というのは、ハッキリ言って人間にとってはストレスだと思うのですが、そういう状況になればなるほど多分自分のなかで不必要なモノをどんどん捨象しているのだと思います。
そうして結果的に高いレベルの集中力を得ているのではないかと、自分で分析しています。
集中するから緊張しないんじゃなくて、
緊張するから集中できる・・・みたいな。

キンチョーの夏、日本の夏(違) 投稿者:フレディー  投稿日: 1月 9日(金)20時32分24秒
レポート拝見いたしました。
やはり無欲の勝利ってのがありますけど、極度の緊張はやはりBAD。
国体の試合前夜はビール飲んだしなぁ〜<すでに時効。
当日はよく音楽聞いてリラックスするように努めましたね。
後は慌てない状況を作らないことですかねぇ。
申し込み、メンテ、移動。ゆとりを持つことですね。

今シーズン考えてみると、勝てた日って、スタートラインに居るとき、選手の走りを
見てません。多分1番パイロンだけ見てましたね。
緊張ですか? 投稿者:Dr@銀インテ  投稿日: 1月10日(土)02時01分7秒
いつもレポート楽しみにしています。
僕は、緊張はしたほうがいいと思っています。
なぜなら、心臓がドキドキすると血液の循環が良くなるからです。
ダメなのは「緊張」じゃなくって、「あがってしまう」ことだと思います。
「緊張」と「あがってしまう」の違いは、血液中の酸素濃度だと思います。
今月号のライディングスポーツ(バイク雑誌)の「医学で勝てるか」というコーナーに
呼吸方法について詳しく書いてあります。
興味のある方は、また読んでみてください。
呼吸方法を見直せば、「緊張」を武器にすることができるかも?
え?敵に塩を送ってますか?
きんちょー克服方法 投稿者:くみちょ  投稿日: 1月10日(土)02時03分56秒
僕の場合は娘のプリクラを見たりします。
緊張克服法 投稿者:あくちゅ  投稿日: 1月10日(土)08時22分28秒
全然関係ないかもしれませんが(汗)
初めて披露宴の司会やって超緊張してたときに
テーブルの周りを普段アナウンスで使ってるグッズで
固めたら(電波時計、筆記用具とか)
少しはラクだったような・・・
何事も普段と同じが一番ってコトですかねぇ
ちなみに、たまにジムカーナの試合出ると
超緊張してしまいます(汗)
 投稿者:たー  投稿日: 1月 9日(金)22時45分5秒
緊張克服の方法は自分の場合
練習会の数<本場の数
これに限ります。実戦が一番
(レポート12「セッティングって何?」へのコメント)
エレガントスポーツアジュール代表川村様より2003年9月4日

前略
ちなみに、私もショックの番手はほとんど変えません。
さすがにウェットは変えますが(笑)。
エグゼさんの書いてあるとおり、番手の違いくらいの
クルマの動きは、ドライバーが簡単に作り出せるからです。
また、そうできるようにスーパーオーリンズを作っている
つもりです。

ただ、初・中級者の人には、クルマの荷重移動の違いを
解ってもらうタメに、簡単にショック番手で出来ること
を説明しています。
そして、その番手の違いからくるクルマの動きを、今度
は自分の操作でできるようになれば、ドライビングが
ステップアップされると思います。

スーパーオーリンズの20段調整は、ドライバーの操作
の調整をしてもらうために付いているんですよ!

(回答)
解りやすい解説をありがとうございます。

皆様には番数をいじくった時の違いをよーく感じ取ってドライビングの参考にしてみてください。
走りながらあたかも番数を変えているがごとく自由自在に荷重のコントロールできるように。
これができたら怖いものなしです。

(レポート12「セッティングって何?」へのコメント2)
私自身はセッティングとはその車がその車にとって一番いい動きを自分の運転にて引き出せるようにする為のものと思っています。エグゼさんも最終的には同じ事をおっしゃっていますね。
だから私自身も動きが読み切れるまでは変更しませんね。
その代わり自分のセンサーの感度を最大限にしておかないととんでもないことに........。
最終的にセッティング能力の差は経験と感性、そして車両の動きを読み取る感度の差と言えると思います。
従って街乗り等でも集中して動きを読み取るのも大切ですね。
私は足の動きを見るときは山道の下りをニュートラルで降りてきます。
デフ、エンジン特性にごまかされる事が無いので、素の足の動きを見る事が出来ます。
一度試してみてください、良く判ります!